トップニュース

日本は化石燃料の劣悪な記録をもう一度認められました。

SHARM EL-SHEIKH、エジプト–日本が地球温暖化に対処することを嫌がる功労を認められ、再び「化石賞」を受賞したと気候行動ネットワーク(Climate Action Network, CAN)が11月9日ここで発表しました。

環境非政府機関の国際ネットワークであるCANは、エジプトで開かれたCOP27 UN気候サミット会場で「勝者」に選ばれました。

CANのメンバーは、日本が世界最大の化石燃料プロジェクト公共財政支援局であるため、大幅に勝利したと述べた。

彼らは、2019年から2021年の間に、化石燃料プロジェクトに対する日本の平均年間公共投資が約106億ドル(約1兆6千億円)であることを発見した11月8日に発表された米国NGOの研究を引用しました。

また、アンモニアと石炭を混合して発展する技術を輸出しようとする日本の計画を、別の「間違った解決法」と批判した。

日本はほぼすべての以前のCOP会議で化石賞を受賞しました。

READ  アル本スピンをされた最下位」戦略が異なる余裕で表彰台に立つことができた」レッドブルホンダ[F1 제 13 전]- オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close