日本は南部ハイチの教育施設の再建のためにユニセフに170万ドル以上を支援しました – ハイチ

Estimated read time 1 min read

ポルトフランス、2023年10月20日 – 教育施設の再建を支援するために、日本政府は教育部(MENFP)と協力してユニセフハイチに170万ドル以上に相当する2億4,500万日本円を惜しみなく支援しました。 南ハイチでのプロジェクト。 24ヶ月にわたって進行するこのプロジェクトは、地震によって深刻な被害を受けた地域の教育へのアクセスを強化することを目的としています。

2021年8月14日、南部、グランセ、ニフェス州を揺るがした規模7.2の地震は深い傷を残し、数多くの学校を破壊し、莫大な人命被害を被るなど、教育システムを混乱に陥った。 2,200人以上が命を落とし、12,700人以上が負傷し、137,000軒以上の家屋が破壊されました。

日本のこの寛大な寄付のおかげで、南部ハイチに2つの完全な永久総合学校が設立され、幼児園から中学校(基本学校の最後の年)まで良質の教育を提供します。 各学校には、管理エリア、学校のダイニングルーム、アクセス可能な独立したトイレがあります。 学校には教室やレストランのための地元の制作家具と必要な機器が備わっています。 持続可能な運営を確保するために、学校は太陽エネルギーで電力を供給され、安定した水供給の恩恵を受けるでしょう。 また、すべての子供に個別の学校キットが提供され、教育ニーズを満たします。

「基礎教育が国家経済と社会発展の基盤であることを考慮して、日本はハイチの教育環境改善のための継続的な支援を提供しています。教育」とハイチ駐在日本大使M.KUBO Yujiが言いました。

このプロジェクトの基本的な目標は、南ハイチの子供たちのための質の高い教育に役立つ環境を作り出すことです。 この学校を設立することで、この計画は学習障壁を排除し、地域の子供たちの福祉を促進することに専念しています。

合計1,100人の子供が2つの学校に分かれ、各学校に200人の未就学児(3~5歳)と900人の学齢期児(6~16歳)を収容し、この新しい施設の恩恵を受けることになります。 教室は、各学校ごとに合計9つの教室で構成され、各50人の子供を収容できるように特別に設計されており、すべての学生に有益な学習環境を確保します。

「教育はすべての子供の基本的な権利です。私たちは、ハイチ南部の子供たちに安全で質の高い学習環境を提供することを目的としたこの計画に貢献することを誇りに思います。できるようにしてくれます。ウェルネスです。」 ユニセフ・ハイチ代表のブルーノ・マス(Bruno Maes)が語った。

このプロジェクトには、ハイチ南部地域の子供たちの教育と福祉への強い意志が含まれています。 これは、次の世代のためのより良い未来への重要な一歩を意味し、日本の貢献のおかげで、ユニセフは地震で被害を受けた子供たちが質の高い学校に近づくことを確実にし、彼らの未来を良い手に任せることができます。です。 自分の可能性を最大限に発揮できる最高の機会です。 日本、ハイチ政府、ユニセフの間の模範的な協力は、ハイチの子供たちの福祉への継続的な献身と、彼らのためのより良い未来を築くための共同意志を示しています。

メディア連絡先

ポストカートーマス
通信担当者
電話: +50947503125
Eメール:[email protected]

古所春樹
ハイチ日本大使
電話: +50938491459
Eメール: [email protected]

READ  天2連勝突破インディアンス戦の先発/速報中 - MLBライブ速報:日刊スポーツ
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours