技術

日本は博士を支払います。 最先端の技術を追求する学生

東京 – 4月から日本の博士課程の学生7,800人のハイテク分野で日本のグローバル競争力を維持するための政府のプログラムに参加しながら、毎年240万円($ 23,139)を受けることができます。

政府は、受益者を選定する大学に資金を提供することです。 人工知能、両者の技術などの分野を研究する大学がプログラムに参加する可能性が高くなります。

大学に補助金受領者を選ぶことができる裁量権を付与するとき、政府は財政支援の4分の1で3分の1を負担するように要求します。 政府はまた、生活費支援を受ける一部の学生の研究費を支援する計画です。

補助金で、政府は、博士課程生1人当たり年間平均50万円を支出します。

日本で多くの才能のある学生は、これらの研究に起因する財政困難であるため、博士課程に進学する前に二度考える必要があります。

2008年の調査によると、修士課程を修了した科学の学生のうち23.6%が博士課程進学を決定する最も重要な要因として「財政的支援のアップグレード」を挙げ、21.6%が「民間就職」を挙げた。 国立科学技術政策研究所。 今回の調査の後、大学院生をめぐる経済状況が悪化していると専門家は言う。

財政支援は、博士課程の学生数の減少を防ぐためのものであり、これにより、最先端の実験室の作業に参加する若い研究員が削減されます。

2000年には16.7%の学生が修士課程から博士課程に進学したが、2018年には比率が9.3%に低下しました。

日本の不安定の重要性は、グローバルな視点から明らかにします。 日本は127人の博士号を受けた。 米国は141人、韓国は131人に比べて、2000年には100万人当たり者数を記録しました。 2015年までに、米国は、百万人に259人の博士号所持者を保有しており、韓国は256人を保有しています。 日本は118人に減少しました。

政府は、博士課程生が生活費をカバーするために、年間180万〜240万円が必要であると推定している。 2018年度Ph.D. 日本学生支援機構(JASSO)が実施した調査によると、学生は平均230万円の生活費を費やしてきた。

政府は1年目のプログラムに230億円を支出する計画で、2020年3次追加予算に200億円を割り当てて2021年の予算計画に30億円を投入した。

また、2022年からは、政府と学界が共同投資資金10億円を運用し始めて配当の博士号生支援プログラムをカバーする予定である。

それまで政府は、予算の本を介してプログラム自体に資金を調達することです。

日本には約74,000人の博士課程の学生がいます。 JASSOや他の機関での奨学金を提供していますが、7,500人の学生だけが生活費をカバーするのに十分な財政支援を受けます。

このような状況を改善するために、政府は、2021会計年度に科学技術政策5ヵ年基本計画を採択する予定だ。 計画案によると、生活費支援を受けることができる博士課程の学生の割合を30%に引き上げることを要求します。 これは、政府が新たな財政支援システムを作ることに決定した後、初期の計画の20%から引き上げました。

READ  Appleから追い出さNeXTを設立したスティーブ・ジョブズを間近見ていたエンジニアたちの証言 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close