日本は博士号を3倍に増やすことを目指しています。 2040年までに保有者の減少を防ぐため

Estimated read time 0 min read

日本の科学と学術的立場を強化するために、教育省は日本の博士号を3倍にするという野心的な計画を始めました。 より多くの職業の選択と強化された大学院により、2040年までに保有者を獲得できます。

博士号はわずか123人です。 3月26日に発表された教育省の報告によると、百万人当たりの卒業生の数が絶えず減少する唯一の主要経済局は日本です。

博士課程に登録する学生数が減っており、国の科学・研究能力がさらに低下しています。

一つの理由は、学生が自分の未来に不安を感じるからです。

国立科学技術政策研究院の調査によると、修士課程の学生の30%以上が博士課程進学時の財政的未来について心配することが分かった。 博士学位取得後、就職に悩んでいたり、

同じ機関で実施された別の調査では、学術機関で働いている博士後研究者の生活の苦い現実がしばしば不安定な臨時職で明らかになった。

博士後課程学生の33%以上が月300,000円($1,982)から400,000円の給与を受け取ります。 20万円未満を稼ぐ場合も15%に達する。

才能のある若い研究者の経済的困難を解決するために、教育省は博士号の進路を多様化すると約束しました。

これには、企業のインターンシップを促進し、起業家精神を支援し、企業採用担当者のためのガイダンスを開発するための企業との協力が含まれます。

教育省はまた、大学院をより魅力的にし、より多くの学生が博士号を取得するよう奨励するために大学院を改革することに取り組んでいます。

これには、世界クラスの教育機関の設立、大学と企業間の協力の強化、学業成果の高い学生への財政支援、授業免除の提供などが含まれます。

大学卒業後、博士号を取得する割合を2020年2.7%から2030年5%、2040年8%に高めることが目標だ。

教育省はまた、博士号の就職率を高めることを目指しています。 卒業率は2023年70%から2030年75%、2040年80%に高まる。

READ  米国、ベルギー、フランス、日本、中東海軍訓練実施
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours