トップニュース

日本は変形ロボットボールを月に送ることです

日本は月を探索するために特異なロボットを用意しており、これは国の技術産業の影響を受けています。 バイト レポート 日本の航空宇宙探査局(JAXA)が チームになった ソニー、同志社大学、おもちゃメーカートミーと一緒にボール状の変形ロボットに乗って2029年に予定されて乗員プローブに先立ち月土壌を研究しました。

8.8ozロボットは、民間ロボット会社Ispaceが月着陸船に機械を載せることができるよう、小型のボールに到着します。 表面に到着すると月面の画像をキャプチャする「全体」の設定で開きます。 また、これは、ロボットを、将来の任務に有用にするとJAXAは言った。

貢献は完全に驚くべきことはありません。 ローリングロボットに精通しているソニーは、ロボットに制御技術を提供し、TomyとDoshishaは設計を小型化するのに役立ちました。 ロボットの作業は、2016年の研究で開始されたが、主に2019年にソニー入ると、2021年同志社大学ランプにより、その努力が強化されました。

Ispaceは2022年に着陸とトランスロボットを発売します。 私たちは、このような宇宙探査ロボットをたくさん見ていないだろうが、このプロジェクトは、形状の移動設計により着陸が以前には、実用的ではないロボットを運搬したり、ホストのサイズを減らすことができる未来を暗示します。 車両そのもの。

Engadgetが推薦するすべての製品は、親会社とは別に編集チームから選択します。 私たちの物語の一部は、アフィリエイトリンクを含みます。 このリンクのいずれかを介して購入すると、アフィリエイト手数料を受け取ることができます。

READ  次世代ゲーム機「Xbox Series X」は、強力で静かで、互換性の高さが印象に残る:発売前レヴュー| WIRED.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close