経済

日本は大学が西欧に負けながら、900億ドルの資金に賭け

TOKYO – 日本の大学が世界ランキングでより下落することにより、政府は、世界最高の機関とのより良い競争できるように支援するために設計された新しい10兆円(910億ドル)の資金を発表しました。

昨年イギリスの雑誌Times Higher Educationが集計した2021年の世界大学ランキングで、日本の大学が200位以内に入った日本の大学は、東京大学が36位、京都大学が54位です。 中国清華大学は20位を記録し、アジア1位を占めた。

伊藤ダッカに野党議員は、5月の参議院教育委員会会議で「東京大学と京都大学は、ランキングで壁にぶつかったのに対し東北大学、東京工業大学、大阪大学は大きく低下した」と話した。

日本はまた、2016年と2018年の間に、上位10%で最も多く引用された論文の数で世界11位を占めたが、これは1996年と1998年の間の4位から下落になります。

大学は人材と研究費などの項目をカバーする運用コストの削減された政府補助金が責任の一部と言います。 政府は、2004年の1兆2400億円で、2021年の1兆2400億円に減った1兆8000億円を2021年度に国立大学に配分した。

日本の大学は、米国およびヨーロッパの最高の大学に比べて寄付がはるかに少ない。 文部科学省によると、慶應義塾大学は約730億円、東京大学は150億円で、ハーバード大学の419億ドル、または約4兆6000億円の一部に過ぎません。

しかし、政府の予算に余裕がほとんどない日本は代わりに、文部科学省傘下の日本科学技術庁傘下の新しい寄付によって不足分を埋める方法を模索しています。 政府は、財政投資や融資プログラムを含むこの新しい基金に4兆5千億円を割り当てて起動して、可能な限り迅速に資金を10兆円に拡大することを目標としています。

公的資金を株式に投資することと関連し、これらのアプローチに伴うリスクへの懸念がありました。 しかし、自民党はこれに行くの長さだと主張して反対を圧倒した。

火曜日の専門家パネルは、日本および海外の株式に65%、債券35%でファンドの投資戦略を決定しました。 基金の収益の一部は、研究やその他の項目の費用を支払います。

シンジ井上(Shinji Inoue)国務長官は「これは日本の研究の構図を変えることができる革新的なサポートを提供する」と述べた。

パネルはまた、大学自らの経営でより大きな独立性を達成し、外部の資金源を確保することを促しています。 パネルの決定を主導したコロンビア大学の国際と公共の問題教授伊藤高遠時(Takatoshi Ito)は「これにより、私たちの大学がハーバードやオックスフォードなどの一流機関と競争することができる変換の道を開くことを願っています」と言いました。

READ  ドコモ口座信頼回復に向けた業界が解決する必要がある(旧正則) - 個人 - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close