経済

日本は小売投資家に対する税金を引き上げてはならない

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

日本は譲渡所得税率引き上げの可能性を確実に考慮している。 おそらく。

この問題について、岸田文夫(Kishida Fumio)首相が昨年当選して以来、議論を主導してきました。 プレミアは広く人気がありますが、すべての質問に「私はそれを考慮しています」という断固たる答えで定期的に非難されています。

配当金と株式の売却に対する賦課金(現在の20%水準)である譲渡所得税(Capital Gains Tax)のテーマに関して、彼の牛乳不断をさらに怒らせる場所はありません。 (これは米国のほとんどの個人投資家に適用される15%と比較されます。)岸田はある同盟国が25%の税率を提示しながら、日本与党の指導者のために選挙運動をしながら税引上げを強く提案した後、市場からの方向を変えるように見えました。 落ちた。 今年初めに提案された別の補佐官は、政策が始まっていないことで、キシダが今月初めに行って議論が進行中であると述べた。 彼は去る5月「討論は確かに終わらなかった」と話した。

投資家は不確実性を嫌います。 良いニュースは、日本で公式に選挙シーズンが進行中であり、譲渡所得税の引き上げが党の宣言文にないということです。 しかし、明確性の欠如は明らかに感情に影響を与えています。 木田氏は、資産投資による国家収入の2倍の増加について話しています。 これは国の富を扶養しようとする善意の目標の一部です。 しかし、潜在的に高い税金がすべての意見に晒され、投資家は彼を信頼するのが難しくなります。

市場がキシダの揺れに疲れたとき、予想外の反例が登場しました。 まさに隣国である韓国です。 ユン・ソクヨル大統領は、当選から3ヶ月で最も裕福な個人投資家を除くすべての投資家に対する譲渡所得税を免除し、取引に対する税金を引き下げる経済政策を発表しました。

もちろんユン氏の動きはポピュリズム的な政策だ。 小売投資は韓国で大きな事業だ。 実際、アマチュア投資基盤が大きすぎて今年の大統領選挙でユン候補と彼の相手のイ・ジェミョン候補の両方にとって重要な支持層となりました。 国内株式取引口座の数は過去5年間で2倍になりました。

日本では小売投資が増加しているが、大半の人口は依然として関心がない。 岸田首相は現金を布団から公演資産に転換すると約束した最初の首相とは距離が遠い。 しかし、彼はインフレに直面してそれを約束した最初の人です。 日本のよく管理され、高収益企業にそのお金を投資するための「全日本」努力が始まります。

日本のインフレは他国に比べて微妙だが現実です。 コア価格は5月に2.1%上昇したが、野菜価格13%上昇、電気料金19%引き上げ、ポテトチップ価格9%上昇など、一般消費者の真の苦痛を隠した。 これは、国の長い契約が壊れる危険があることを意味します。 銀行口座は依然として本質的に何もしていません。現金が価値のある資産であるデフレ期間中にのみ許可される状況です。

永久的な賃金引き上げの兆しはほとんどありません。 大企業のボーナスは今夏に14%増加して急増しました。 しかし、ボーナスの問題は、ボーナスが気まぐれであり、通常の賃金とは異なり、会社での余暇に引き離すことができるということです。 今週の本は時代精神を捉え、1年に15,000ドルにもならない200万円で豊かな生活を送る方法を説明すると約束して波長を起こしました。 日本の配当金の増加は、そのような文脈で魅力的に聞こえ始めませんか?

岸田の資産投資所得倍加計画の詳細は今年公開される予定だ。 これには、免税 NISA アカウントの使用促進が含まれます。 このプログラムは意味のある別のプログラム(この場合はイギリスからコピー)ですが、複雑で混乱しています。 ある調査では、23%の人々がその名前よりも多く知っていることがわかりました。 この数字は5年間変わりませんでした。

Kishidaは彼の韓国の相手がそうしたように投資を受け入れなければなりません。 最初のステップは、資本利得税を公的にそして恒久的に引き上げるアイデアを保留することです。 来週、マドリードで開催されるNATOサミットでキシダとユンが初めて出会った場合、キシダは株式のヒントを求めることができます。

Bloombergのコメントでもっと見る:

遅すぎる前に日本は投資しなければなりません: Gearoid Reidy

実際のKドラマはサムスンでストリーミングされています:Daniel Moss

1990年代の香水にも揺れない円:女性と苔

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Gearoid Reidyは日本を担当するBloomberg Newsシニアエディターです。 彼は以前、北アジアの速報チームを率いて東京副局長を務めた。

このようなより多くの物語は で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  インドの太平洋の米国、インド、日本、オーストラリアの声明

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close