日本は少年となぜ、ゴジラマイナスワンでアメリカのボックスオフィスを掌握しました。

Estimated read time 1 min read

北米ボックスオフィス週末上位5位以内に日本映画2本が初めてかもしれません。 日本は米国、中国に続き世界3位のボックスオフィス市場であるため、日本映画は海外公開なしで大体成功することができる。 「ゴジラマイナスワン」は11月初めの公開以来、すでに日本のボックスオフィスで2,600万ドルの収益を上げ、「少年とワゴリ」は夏の国内公開以来5,610万ドルの収益を上げました。

「ゴジラ・マイナス・ワン」が都市を破壊するモンスター映画であるにもかかわらず、「少年となぜ」よりも予算がかなり少なかったことを知って驚くことができます。 東宝のゴジラ・キヤノンの最近の追加費用は1,500万ドルで広く報じられていますが、山崎隆監督はその数について異議を申し立てました。 東京コミコンで「それくらいだったらいいな!」

一方、鈴木は「少年とワゴリ」をこれまでに作られた日本映画の中で最も制作費が多い映画だと描写しました。 正確な数値はまだ明記されていないが、スタジオジブリの「かぐや姫物語」(ジブリ共同創設者の高畑伊沙監督の最後の映画であり本当の傑作)が日本で最も収益を上げたため、おそらく5000万ドルを超えると推定される。 4,930万ドルの費用で高価な生産。 これは主にStudio Ghibliを世界中で愛されていますが、制作に非常に長い時間がかかる細かく手描きのアニメーションに依存します。 「かぐや姫」は制作に8年かかりました。 「少年となぜ」は7年を超えました。

「ゴジラマイナスワン」と「男の子とワゴリ」は一般的に感謝祭の後、クリスマス前の静かな時期に開封することで助けられましたが、彼らの成功は観客が品質を渇望するというシグナルです。 スタジオジブリ(Studio Ghibli)と宮崎駿(Hayao Miyazaki)は、アニメファンにとって評判の良い名前です。 一方、「ゴジラマイナスワン」は評論家の評価97%を記録し、口コミに乗って興行中だ。 腐ったトマト そして観客出口調査のA CinemaScore。

READ  日本のアニメ映画「デーモンスレイヤー」、米国の映画館に上陸
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours