世界

日本は強力な海底地震で打撃を受けた。 津波の脅威なし

“のために [the 2011 quake] 9.0の巨大なサイズであったが、10年後に、この規模の余震が起きたのは驚くべきことではありません。」と東京大学地震研究所のKenji Satake教授が言いました。

気象庁は土曜日に発生した震度7.3の地震で海岸から60km(30マイル)の深さの震源地が生じ津波の危険がないと明らかにした。

気象庁は土曜日の揺れが、2011年東北地震と津波の余震と述べた。 被害地域は次の週の間に同様の規模の余震に備えなければならないと警告した。

東京電力会社は、東京周辺関東地域で83万世帯以上が電力を失ったと述べた。 乗組員は破壊された福島第1原発からの放射能漏れやその他の異常を検出しなかったと述べた。

NHK見て 福島原子力発電所の揺れにより、使用済燃料を格納するために使用された少量の水がデバイスの横の溝に漏れ出たが、その量は無視ばかりし労働者に放射線の危険がないと言いました。 公営放送NHKは、東京北部の​​東海原子力発電所でも不正の報道がなかったと伝えた。

加藤甲信政府のスポークスマンは、約95万世帯に電力が供給されなかった言いました。 政府は、危機管理部門を設置し、菅義偉首相は乗務員に被害を調査し、必要な構造の任務を実行するように指示しました。

日本では地震がフンハミョ地球地殻プレートが出会う環太平洋周辺地域の火のリングの近くにあります。 しかし、東京の住民は、これが、2011年の地震今後も数年間に経験した最も強力な地震と述べた。

バーガーは、ワシントンで報道した。 東京のJulia Mio Inumaこのレポートに貢献しました。

READ  新型コロナ]世界で440万人がワクチン接種-EUも開始 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close