トップニュース

日本は循環経済規模を80兆に拡大することを目指している。 2030年までに円

日本政府は2030年までに製品と資源の再利用を通じて炭素排出量を減らすことに重点を置いた国内循環経済規模を80兆円(5837億ドル)に増やすことを目標としていると政府消息筋が伝えた。

現在50兆円に達する循環経済を促進するための動きは、財貨と材料を再利用してリサイクルすることで持続可能な経済慣行を促進するためのもので、岸田文夫首相政府が2050年まで炭素中立社会を達成するための努力に拍車をかけています。

2007年5月千葉県市原市産業ベルト工場のファイル写真。 (刑務所)

消息筋は、イニシアチブには地球温暖化の主犯である二酸化炭素排出量を減らすための原材料リサイクルと中古品流通が含まれると消息筋は伝えた。

循環経済で登場する新しいビジネスには、個人が中古商品を販売できるアプリと衣類レンタルのための月間購読サービスがあります。

環境部は関連費用を政府の2023年度初期予算に要請する計画であり、近いうちに事業日程を設ける予定だ。

消息筋によると、貴金属と希少金属を持続可能に使用するために、廃電子基板と廃蓄電池(中古家電製品に含まれる部品)のリサイクル量を2倍に増やさなければならないという計画だ。

国がガス駆動車を段階的に廃止するにつれて、電気自動車のバッテリーに必要なリチウムやその他の希少金属に対する需要が急増している。

このため、東南アジアなど希少金属など資源リサイクル技術が不足している国家の廃家電輸入を積極的に推進する予定だ。

国防総省の予想予算要請には、日本企業の資本支出に対する財政支援も含まれる。

時刻表は、2030年代後半に寿命が尽きると予想される太陽電池パネルを処理するための措置を説明します。

また、2011年3月に日本北東部を襲った地震と後続の福島原子力発電所のメルトダウン以後、日本の大部分を占めるようになった太陽電池パネルの再利用及びリサイクルを促進するための法的措置を樹立することを求めます。

環境省は、2023年度予算でCO2排出を抑制するリサイクル技術を実証するための資金を確保するよう努めてまいります。

また、スケジュールには、衣類の大量生産と消費を見直す計画と、衣類の再利用、修理、その他の持続可能な使用を促進するための目標も含まれています。

READ  日本、台湾支援要請にCOVID-19ワクチン共有考慮

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close