日本は戦略的パートナーシップを通じてバングラデシュとのより広い関係を模索しています。

Estimated read time 1 min read

岩間木ノリバングラデシュ駐在日本大使は、土曜日の貿易、投資、人的交流、安全保障協力に重点を置いた「戦略的仲間関係」に基づき、今後50年間、高川両者関係を強化する意志を表明しました。

彼は、有望な分野で様々な実質協力を推進することに焦点を当て、日本、バングラデシュ、インドの3つのプラットフォームの可能性を模索しました。

キミノリ大使は、バングラデシュと日本の戦略的パートナーシップの一環として、3つの主要な協力分野を特定しました。

地域とその越しの平和と安定のための協力、共生と地域繁栄のための経済協力の深化、文化協力と人的交流の拡大です。

「三国間の協力は新しい問題です。 少し予約があるかもしれません。 インド – バングラデシュ – 日本の協力について意見があるかもしれません。 議論する準備ができました。 私たちは多くのアイデアと多くの意見を見る準備ができています。 私が言うことができるのは、議論が始まったばかりだということです」とコスモスの会話で話した。

Kiminoriは大使講演シリーズの一環として、Cosmos Foundationが主催した「バングラデシュ-日関係:未来予知」シンポジウムで基調講演を行いました。

議論は、コスモス財団会長であり、著名な学者の外交官であり、元バングラデシュの管理人である政府外交アドバイザーであるIftekhar Ahmed Chowdhury博士が主催し、進行しました。

コスモス財団のEnayetullah Khan会長は、歓迎の歴史を伝えながら、Sheikh Hasina首相の​​最近の東京訪問で、両国関係が「包括的」レベルから「戦略的」レベルに改善されたと述べた。

バングラデシュ外交部は、訪問直前に「すべての共同繁栄のための自由で開放的で安全で包括的なインド太平洋」を構想するインド太平洋展望文書を発表したと彼は語った。

カーン氏は、「防衛・安全保障要素を関係に追加したいと思っていた日本でも反響を起こした。グロスベルトはすでに進行中だ。

彼は、これが地域のつながりを促進し、バングラデシュを地域のハブに発展させることに刺激を与えると述べた。

Iftekhar博士は、バングラデシュと日本は、国際関係における2つの国家行為者間の良好な関係がどのようにすべきかについての単純な例以上を提供すると述べた。

彼は「彼らは私たちに先進国と発展途上国との関係のパラダイムを提供し、これは相互のやりがいを証明し、同時に世界の平和、静けさ、安定に貢献できる」と述べた。

Iftekhar博士は最近、Sheikh Hasina首相の​​日本訪問は、これらの関係の基盤を強化し、将来の可能性を強化したと述べた。

公式セキュリティサポート

両国首脳は将来の可能性を認識し、国防装備及び技術移転に関する合意交渉開始を歓迎した。

具体的な分野についての質問に、木ノ里大使は「具体的な防衛協力について詳しく話したくない。 今は私たちが個人の発展について話す時ではありません。」

彼は、日本が安全保障協力を深めるために同じ考えを持った国家の軍隊やその他関連組織の利益のために、新たな協力フレームワークである「公式安全保障支援(OSA)」を樹立したと述べた。

特使は、フィリピン、マレーシア、バングラデシュ、フィジーで予備調査が実施されると述べた。

首相の最近の訪問に関する共同声明に言及し、大使は新しい文書に両国安全保障協力の将来の発展の可能性について多くの言及があると述べた。

投資問題について、彼は多くの新規企業がバングラデシュに投資する意向があるのは事実ですが、解決すべき長い手順やその他の複雑さなどの問題があると述べました。

「誤解があり、誤解がある可能性がありますが、基本的な要素のいくつかは共通しています。 投資環境を改善するために、両側が継続的に努力することを願っています。」

地域の安定性

この問題は、バングラデシュで避難所を探す110万人を超えるこの国が直面している最大の問題の1つです。

日本特使はこれがバングラデシュ自体の問題であるだけでなく、地域安定への挑戦だと述べた。

大使は「地域全体の平和と安定のためのこの危機に対する究極の解決策は、実向民の持続可能、安全、自発的、尊厳な送還を実現すること」だと述べた。

日本は収容コミュニティと実向民を支援しており、実向が長期化すれば収容コミュニティの負担が加重され、地域が不安定になると付け加えた。

大使は、三国間協力についてより詳細に説明し、地域の連結性の強化と地域内包括的経済連携協定(RCEP)加入支援の意志について述べました。

大使は、協力の4つの柱とともに、FOIPビジョンをさらに促進するための日本の努力を強化する「自由で開放されたインド・太平洋(FOIP)」の新たに発表された計画に言及しました。

これら4つの柱は、「平和のための原則と繁栄のための規則」、「インド – 太平洋の方法でのトラブルシューティング」、「多重接続性」、「「海」の安全で安全な使用のための努力を「空気」。

また、徳島県鳴門市と奈良両漢寺の間に両国初の友好都市関係樹立、JETプログラムによるバングラデシュ初派遣など最近の人的交流についても言及した。

彼は「交流の質と回数を改善するためにすべきことが多すぎる」と話した。

観光の可能性について、木の森大使はこの国を観光客に魅力的にするために努力することが非常に重要だと述べました。

元首席コーディネーター(SDGs) Md Abul Kalam Azad, バングラデシュ日本国際協力機構(JICA)代表代表一口友秀, コラムニストで元日本外信記者クラブ(FCCJ)会長 Monzurul Huq, 元インド駐在バングラデシュ高等弁務官駐米大使コスモス財団大使(retd)Tariq A Karimがディスカッションとして参加しました。

Abul Kalam Azadは、ロヒンヤ族の送還について語ったが、残念ながら2017年以降何も起こらなかったと述べた。 「たった一人もミャンマーに戻れませんでした。」

彼は送還手続きを促進するために日本を含む先進国の介入が必要だと述べた。

アザドは日本をバングラデシュの長年の友人と呼び、「我々はそれを世界だけでなく行動として証明した」と述べた。

彼は日本がバングラデシュ開発の最大のパートナーであり、包括的なパートナーシップから戦略的パートナーシップで実質的に行われたと述べた。

READ  Japan's Inpexは成長のためにオーストラリアを目指しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours