経済

日本は技術と科学の優位性を維持するために「Society 5.0」を発表しました。

TOKYO – 日本は海と空からの宇宙に至るまで、最新の科学の成果を披露している。 政府は、これらの分野の国際競争力が低下状況でも最先端の技術を強化して普及することを目的としているからである。

内閣府は、日本が熱望しなければならないと政府が信じる未来社会人 “Society 5.0」のためのイベントを共同主催します。 世界で最も高いタワーイン首都の象徴的な634メートル、東京スカイツリーには、200以上の項目が日本生まれの革新(ほとんど公的資金支援)の事例で展示されており、政府がこのプロジェクトを開始した後、2030年の世界はどのような姿日誌を示します。 会計年度科学、技術革新のための新しい5カ年基本計画。

主な展示は7月15日に開始し、7月28日まで行われ、全体のイベントは、9月5日まで継続されます。 主催者側は、海外観光客を誘致することを希望したが、東京オリンピックが海外の観客に閉鎖され、「仮想展示を楽しんでほしいです。」と内閣の関係者は語った。

日本の航空宇宙研究院は、小惑星探査機はやぶさ2の再入カプセルを展示している。 2014年12月に打ち上げられ、2020年12月に46億年前のリューグー小惑星サンプル2個含まれているカプセルを地球に送り返す地球に落としました。 JAXAは現在、地球生命体の起源と太陽系の進化の研究を行っています。 。

日本の海洋地球科学技術庁が開発した深海研究船Shinkai 6500の実物模型も会場で展示されています。 他の車よりも深い6,500メートルを潜水することができる有人潜水艇のShinkai 6500は、1991年から太平洋、大西洋とインド洋の日本周辺の海の海底地形と地質学を研究するために配置された。

東京で開かれたソサエティー5.0エキスポでしんかい6500深海研究用車両の実物大モデル。 (写真:コハラゆき)

内閣府は、「人間中心の社会」と定義している。 [helped] ソサエティ5.0は、サイバースペースと物理的なスペースが高度に統合されたシステムで革新についての議論を科学技術で社会経済的活動全般に拡大しようとする概念である。

政府はまた、健康管理やモビリティのエネルギーに至るまですべての分野に関与する企業が、純粋な技術水準だけでなく、パイロットレベルでの研究開発に投資することを奨励するために、いくつかの大規模なプログラムを策定しました。

この展示会にはCyber​​dyneのHALが含まれています。 ここでは、Cyber​​dyneが世界初の「着用可能なサイボーグ」と主張する「ハイブリッド補助脚」が含まれます。 HAL外骨格が会場でランニングマシンの上を自律的に歩きました。

展示会で歩いているCyber​​dyne HAL外骨格。 (写真:コハラゆき)

足に着用するとHALは、着用者の皮膚に付着した電極のおかげで、脳から筋肉に送るかすかな信号を読み取り、着用者が望む動きを決定することができます。 サイバーダインの関係者は「最初は気が接続されなくてもHALを着用すると、徐々に回復し、最終的には着用しなくても、身体の一部を動かすことができる」と述べた。

スカイドライブの「空飛ぶ自動車」も2020年8月、日本初の空中飛行有人飛行に成功したSD-03の実物模型を観察することができ、観覧客の目を引く。 スタートアップであるモーターエンジニアTomohiro Fukuzawaは大阪で開催される万博2025で市販モビリティサービスを提供する予定です。

スカイドライブCEO福沢知弘が万博公式に発足日前の7月14日、「空飛ぶ自動車」モデルを挙げている。 (写真:コハラゆき)

井上シンジ(Inoue Shinji)科学技術政策局長は先週の展示会を訪問した際、「未来を旅するようだ」と話した。 この最先端のツールを日常的に作成する方法についての記者の質問にInoueは、これらの項目の動作許可を得るために、市場の規制を緩和する必要があると言いました。

実際、政府は科学的発展を実現する国家の能力に追いつくのに苦労があることを認めます。 社会5.0を達成するための前提であるデジタル化イニシアティブは、「他の国で見ることができるように、データコラボレーションを通じて新たなビジネスモデルを十分に得ることができなかった」と内閣府が2020年会計年度までの前の5カ年計画を分析した報告書で明らかにした。 代わりに、既存のオペレーティングの効率改善を目的とする取り組みは、技術革新をリードしていません。

7月14日ソサエティ5.0エキスポに参加した人たち。 (Photo by Kohara Yuki)

日本はノーベル賞受賞者を多くみた研究能力の面で「論文の量と質の両方の国際的地位が下落し続けている」と報告書は伝えた。 国際科学出版で日本のシェアは、過去数年の間に減少しています。 日本は現在、よく引用されている「高品質」の論文(いわゆる上位1%最も多く引用された論文)で世界9位を記録した1990年代には4位に上がりました。

熟練した若者たちは、部分的に、若い研究者の不安定な雇用の見通しのために科学の博士課程を追求することを躊躇する傾向があると報告書は述べています。

前の5カ年計画に基づいて、合計26兆円(2,350億ドル)を超える予算が科学に割り当てられています。 政府は、米国、中国、その他アジアの競争国に追いつくために、最新の計画について金額を30兆円に増やしました。

READ  Apple Watch Series 6(仮称)と新型iPad Airが9月16日に発表? iPhone 12(仮称)は、船の噂

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close