日本は技術優位を取り戻そうとしています

Estimated read time 1 min read
  • ヒヤマヒロシ、エチエンバルマー/AFP、TOKYO

大規模な海外および国内投資を通じて日本は技術王座を奪還する機会を得たが、中国に対する説得力のある代案になるためには日本が急速なイノベーションを受け入れなければならないと専門家らは言います。

米国の巨大技術企業は、1980年代のハードウェア産業を支配した日本の人工知能(AI)、サイバーセキュリティ、チップ生産に数十億ドルを投資しています。

Googleは先月、日本にローカルサイバー防衛ハブを立ち上げ、Amazon Web Services Incは日本のクラウドインフラストラクチャを拡大するために140億ドルを費やしています。

図:AFP

最近の動きで、ChatGPTのメーカーであるOpenAIのパートナーであるMicrosoft Corpは、今週、国のAI能力を向上させるために29億ドルを約束しました。

フィンテック企業AND GlobalのCEOであるKhos-Erdene Baatarkhuuは、「指定的な緊張のため、日本は中国と比較してより魅力的で信頼できるパートナーになりました」と述べました。

「かつて首位だった日本の技術部門は、韓国などの近隣諸国と比較して、デジタルやモバイルトレンドへの遅い対応のために基盤を失った」と彼は語った。

「今、政府支援政策、回復力のあるスタートアップ、潜在的に変化するグローバル技術環境を通じて、日本は技術優位を回復する機会を得ました」と彼は言いました。

まだありません。 スイス経営大学院国際経営開発研究所(International Institute for Management Development)が最近実施したデジタル競争力のグローバル分類で、日本は下位32位を占めました。

CB Insightsが選定した1,200を超える技術「ユニコーン」(価値10億ドル以上のスタートアップ)のうち、日本企業は7つだけです。

Khos-Erdeneは、「完璧を追求するアプローチ」と「安定性と漸進的な改善」に対する企業の好みが部分的に責任があると述べました。 「日本の伝統的な企業文化はリスクを回避し、階層的な傾向があり、ソフトウェア業界でよく見られる急速な革新を妨げる可能性があります。」

日本の技術投資会社であるソフトバンクグループの孫正義CEOは、AIを無視すれば、日本は愚かな「金魚」として残ることができると述べた。

昨年10月、ある企業行事で彼は「日本を目覚めなさい」と話した。 「私は進化論の側に立てたいです。」

アップルのCEOチームクックとアマゾンドットコムの創設者ジェフ・ベゾスを含む息子と技術界の大物が水曜日、ワシントン晩餐で岸田文夫(Kishida Fumio)日本首相とジョーバイデン米大統領と合流した。

その日の首脳会談で、岸田とバイデンは「次世代重要新技術の開発と保護におけるグローバルリーダーとしての私たちの共同役割」を強化すると誓いました。

彼らはまた、共同声明で「グローバル半導体サプライチェーンを強化するために同じ考えを持つ国々と協力する」ことに合意しました。

携帯電話から自動車まであらゆるものに電力を供給する半導体は、ここ数年で主要な戦場になりました。

米国とヨーロッパの一部の国は軍事的使用を懸念して、先端チップ技術の中国輸出を遮断した。

一方、台湾の巨大チップ企業であるTaiwan Semiconductor Manufacturing Co(TSMC、台積前)は、中国の台湾侵攻の可能性を懸念する顧客と政府から生産を多角化するように圧力を受けています。

TSMCは2月に日本南部に86億ドル規模のチップ工場を開設し、より高度なチップのための200億ドル規模の第2施設を計画しています。

岸田社長は今月、TSMC工場を訪問し、「韓国半導体産業の復興を直接感じた」と話した。

日本は過去3年間、チップ関連補助金に3兆9千億円(米ドル254億4千万ドル)を支出しました。 これは、米国やドイツよりもGDPで大きな部分です。

ソニー、トヨタ自動車など日本企業も米国巨大IBM社とラピダス(Rapidus)という半導体プロジェクトに協力しており、2027年から日本で2ナノメートルロジックチップを大量生産することを目指している。

専門情報技術シンクタンクであるMM研究所の横田秀明副社長は、円の価値が34年ぶりに最低値に落ち、「今は日本に投資するのに良い時期」と話しました。

技術企業は、韓国が「アジア最高のパートナー」になることを願っており、韓国の人材は採用される準備ができた多くの高学歴エンジニアを保有していると彼は語った。

彼は特に、自動車および家電製品の分野で確立された日本企業がAIを収益性を高めるための実用的な機会を提供すると述べた。

しかし、コス・エルデン首相は、日本の労働生産性が低く、労働力が減っていることを考慮すると、製造業者としての伝統に頼ってはならないと述べました。

彼は「技術企業のCEOとして日本が路上に立っていると思う」とし、「このような変革的技術の単純な消費者ではなく生産者」になることができるかどうかではなく、どのくらい早く国家になれるかという質問を投げた。

マイクロソフトは日本人口1億2500万人のうち300万人にAI教育を提供する計画だ。

日本とアメリカの大学も、Nvidia Corp、Arm Holdings PLCなどのグローバル企業が資金を提供する新技術研究プログラムに協力しています。

Khos-Erdeneは、「全体的にAIに対する日本の努力は、経済活性化のための大きな可能性を持っています」と述べました。 「協力を促進し、最高の人材を維持し、米国や中国などの成功したモデルから学習することで、日本はAIの格差を解消し、グローバルな技術環境の主要勢力として再位置づけることができます」

コメントが確認されます。 記事に関するコメントを維持してください。 悪口、わいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、プロモーションを含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  サルナシフルーツジュースは腫瘍成長を抑制することができます
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours