経済

日本は新しいビジネスと人権のガイドラインを強化する必要があります

日本が最近採用したサプライチェーンの責任ある使用ガイドラインは、グローバルビジネス強大国で強力な人権要件を確立する機会を逃したことです。

経済産業省 責任ある人権尊重ガイドライン サプライチェーン一部 グローバルトレンド 企業の人権影響に対する政府の監督を強化するための措置は、日本企業の人権蹂躙公募を解決するために必要なツールだったかもしれません。 研究 世界ベンチマーク連合(World Benchmarking Alliance)と企業および人権資源センター(Business and Human Rights Resource Center)が2022年1月に発表した報告書は、人権に対する日本企業の文書上の約束とそれらを保護するための行動との間に「明らかなギャップ」を発見しました。 2021年2月、ミャンマー・クーデター以来、ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)とその他の人権団体は、日本の民間および公共事業体とミャンマー軍事政権との関係を記録してきました。されました。

しかし、ガイダンスが大幅に強化されていない限り、日本企業は方法を変更する理由はほとんどありません。 ヒューマンライツウォッチと 日本市民社会団体 ガイダンスドラフトに関する書面によるコメントを提供しましたが、ガイダンスが採択されました。 概して無視 これらの推奨事項。

必要な変更には、現在および将来の世代の権利に対する根本的な脅威として、気候変動に対処することを含む、人間、労働、および環境のすべての権利を尊重する必要がある企業の責任に対する認識が含まれます。 ガイダンスはまた、企業がバリューチェーン全体にわたって権利を尊重し、企業がダメージを是正する方法に関する追加のガイダンスを提供する必要があることを明示する必要があります。

この指針は拘束力がないため、日本企業が権利尊重を強化するように誘導する可能性がはるかに少ない。 日本政府は、被害者が人権侵害に関与した企業に対して法的措置を講じることを可能にする拘束力のある法律の草案および制定スケジュールを発表しなければなりません。 自主的なガイダンスが企業の責任を明確にするのに役立ちますが、 最近の歴史が見えた 多くの企業が法律が要求するように実行します。

READ  日本のInc。は、管理役割の女性の承認にはるかに遅れています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close