スポーツ

日本は毎週カラオケセッションがコロナウイルスを拡散することにより、注意を必要とします。

東京(ロイター) – 一県で93件に関連するさまざま件を含む高齢者の週間カラオケセッションに関する日本のコロナウイルスクラスタ発疹が火曜日に厳しい警告を引き起こして、当局の注意を促しました。

最近、全国に広がっている最近のクラスタは、東京首都圏が最新コロナウイルスの例を抑制するために計画された緊急状態の計画された端に近づくときました。 オリンピックは4ヶ月ぶりに東京で開始される予定です。

西村安豊島経済長官が火曜日昼間にカラオケセッションに関連する事例で最小215人の陽性反応を示したことがわかった。

93人が日本南西部の佐賀県にいて年齢は50〜80代のだったが、埼玉県、千葉県でも混雑が発見され、まだ3月21日に終了する緊急事態に直面しています。

日本の多くのカラオケ施設には、ソファが並ぶ小さな部屋があり、グループが、数時間の間一人で歌ってて、食べて、話をすることができます。

西村は「通常の状況下で、カラオケは、高齢者が自ら話して楽しむことができるサロンであることを知っているが、感染症を絶対に予防する現在の状況では、このような(場所)が多少制限」と述べた。

「私の選挙区には、人々が集まって歌う狭い部屋あります。彼らは、アクリルパネルを設置して、換気がよく、マイクを消毒するなど、徹底した措置を講じてください。 “

彼はまた、まだ非常状態にある人々に家で不必要な旅行を自制することを促しました。

日本で約448,400人が陽性反応を示し伝染病が始まって以来、約9,000人が死亡しました。

(Daniel Leussink作成、Elaine Lies作成、Gerry Doyle編集)

READ  ピエールオクラホマ州、2021年ルノーF1移籍を目指し交渉?[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close