経済

日本は気候変動、環境問題についてハリヤナと協力することを熱望しています。

日本は気候変動や環境問題に技術支援を提供し、ハヤナ政府と協力することに大きな関心を示した。 日本大使館環境大臣のYuki Yoshidaは、Haryanaの管理者と一緒に日曜日のGurgaonのBhondsiにあるAravalli山を訪問し、気候変動、廃棄物管理、電気自動車、大気汚染に関連する優れたセンターを確立する可能性を模索しました。 、生物多様性の保全、土地荒廃、砂漠化などの関連地域。

Haryana外交部長官Pawan Chaudharyの顧問兼専務理事であり、全国代表であるInternational Union for Conservation of Nature(IUCN)であるDr Vivek Saxenaは、パートナーシップと協力の潜在的な領域について議論しました。

訪問期間中、国際協力機関であるドイツ技術協力の気候変動部門の上級管理者であるAshwinは、環境問題に対するドイツの技術と財政支援への協力を約束したとHaryana政府声明は述べた。

IUCN India(Business and Biodiversity ProgrammeとLeaders for Nature Programme)の責任者Minal Pahujaは、持続可能な課題を支援し、パートナーになることを望んでいると述べました。

READ  日本銀行MUFG銀行、インドで6番目にGIFT Cityに支店を開設

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close