理科

日本は火山時限爆弾を解除するための共同の努力が不足して

東京 – 日本全体を地質学的ホットスポットと安全呼ぶことができます。 大陸全体の0.25%に過ぎないが、世界の活火山の7%がここにあります。

専門家は、この国が大規模な噴火に備えていないと警告しています。 日本の多くの活火山は、住宅地域の近くに位置して、人々の生活と生計に大きなリスクをもたらす。

今年は1991年、長崎県にある雲仙岳ふげん棒分化して30周年になる年です。 雲仙山頂上を席巻たとき、動きの速い材とガスの過熱雲のような巨大な火砕流を触発して、より多くの人々を殺した。 40人以上。 戦後日本初の主要火山灰しました。

しかし、次期大爆発に備えた政府機関間の政策調整不足という長期の問題はまだ解決されていない状態です。 そして、多くの高齢者の専門家が引退すること応じ、公共の安全の問題を解決することができる人材不足への懸念が高まっています。 COVID-19流行に対する政府の遅い対応は長期的な公共の安全の問題を無視する危険性を強調して、警告的な話が必要です。

5月末には、後ゲンボンの麓に位置し、島原市と南島原市が共同で実施した大規模な防災訓練に2,000人以上の住民が参加しました。

1991年6月の噴火の間固まった溶岩、火山灰と高温ガスの毒性の流れにNikkei写真家を含む43人が死亡しました。 現在Fugen Peakは、静かしかし、専門家たちは、火山が噴出した溶岩で形成された急斜面の頂上近くの巨大な溶岩ドームが崩れていると言います。

日本には100以上の活火山があります。 2014年、日本中部の御嶽山で雲仙岳よりもはるかに致命的な分化が発生しました。 この事件は、主に登山家である63人が死亡したり、行方不明の状態であり、第二次世界大戦後、日本で最悪の火山災害でした。

2019年には東京近郊の人気温泉地箱根で火山活動が深刻化し、入国が制限された。 そして伝説的な富士山(日本の最高峰、ユネスコの世界文化遺産と国の地理的象徴)も活火山です。 一部の火山学者は、いつでも噴出することができると言います。

しかし、専門家によると、政府は、これらの火山に起因する安全上の危険に対応するために、驚くほど遅い進行しています。 日本には灰してを扱う単一の機関がありません。

公的研究機関や大学は、火山活動の監視と防災に不可欠な研究に参加しているが、独立して運営されて、効果的な調整が不足します。 人的資源と専門知識が分散されています。

火山を研究する政府機関は、7つの省庁、機関、公企業に散らばっている。 防災を議論するための会議は、一般的に、複数の機関が何をしているかどうかのブリーフィングが含まれています。

政府は、2019年から政府機関や大学が研究と監視情報を共有することができるように設計されたシステムを運営している。 しかし、進展は困難でした。 大学は監視装置を設置し、維持するためにお金を払うので、自分の研究に集中する傾向があり、他の人と協力するためにほとんど関心がありません。 このシステムは、情報を共有するために、14個の機関や大学を一つ集めるように設計されて、今までに10個だけ参加しました。 いくつかの機関では、データを公開していないポリシーがあります。

東京大学地震研究所の元教授であり、現在の国立地球科学と災害回復力研究所の上級研究員である森田雄一(Yuichi Morita)は、様々な機関の研究と監視を調整する組織がないため、問題が発生すると言います。

2014年9月27日御嶽山山突然爆発する前に、気象庁は警告信号にもかかわらず、アラームを発令していませんでした。 機関は、山の火山警報レベルを5点尺度で1段階で維持した。

日本の自衛隊兵力は2014年9月27日の噴火で63人が死亡したり、行方不明になった後、数日のうちに御嶽山に上がっています。 (写真提供:国防省)©Reuters

政府が設立した調査団は、火山、地震やその他の兆候に関する情報を共有することができる方法が確立されておらず、関連機関との間の意思疎通が不足しているという事実を発見した。 パネルは、分化のリスクを総合的に評価して、災害予防措置をとることができる統合システムの構築を促しました。

多くの火山国では、通常の時間に統合研究と火山監視を実行し、緊急事態に対応する国の機関があります。 米国地質調査所、イタリア国立地球物理学と火山研究所、インドネシア化産学と地質リスクの軽減センターは火山活動と噴出による社会経済的混乱を最小化するためのコマンドセンターの役割をします。

日本のより深刻な問題は、化、産学の専門家の数が減っているということです。 噴出を予測するには、火山の特性に精通して固定された観測点を設定するために、地方政府と協力することができる研究プールが必要です。

科学部によると、2019年現在、日本には火山の噴火を予測する専門家が109人に過ぎず、全国の活火山あたり一人はならない。

いくつかの巧妙な研究者が引退を控えて訓練された人材の不足は、今後数年の間に、さらに深刻化火山の噴火を予測し、その影響を緩和する日本の能力を弱体化させることです。

近年、日本の火山が停止したため、研究資金が停滞しました。 火山学者を雇う資金がある大学はほとんどありません。 問題は、次に国の火山の一つが命を失ったときに、彼らは手にあるかどうかです。

READ  カーボンナノチューブで作られた新素材は、環境からエネルギーを消去し、電気を生産することができます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close