スポーツ

日本は珍しい政府、cbank共同声明の後、円の介入に近づいています。

茅本哲志、木原レイカ

東京(ロイター) – 日本政府と中央銀行は、金曜日の希少な共同声明で、最近円の急激な下落について懸念していると述べた。

声明は、急激な円安が企業活動や消費者に被害を与え、脆弱な日本経済に及ぼす可能性のある被害に対して政策立案者の間で懸念が高まっていることを強調します。

しかし、多くの市場参加者は、G7加盟国である日本が、20年前に最後に発生した外交的に複雑で潜在的に費用のかかる措置である円を直接支持するために、すぐに介入するだろうと疑っています。

神田正人日本銀行(BOJ)通貨外交官は記者たちに「すべてのオプションがテーブルにある状況で柔軟に対応するだろう」と話した。

彼は、東京が他の国と市場に共同で進出するために交渉できるかどうかについての言及を拒否した。

G7は、市場が為替レートを決定する必要がありますが、通貨の動きを緊密に調整し、過度で無秩序な為替レートの動きが成長を妨げる可能性があるという長年の方針を持っています。

財務省、BOJ、金融庁は、経営陣会議後に発表した共同声明で「円が急激に下落し、最近通貨市場の動きに懸念している」と明らかにした。

G7原則に従って「各国の通貨当局と緊密に疎通し、必要に応じて適切に対応する」と明らかにした。

3つの機関の管理者は時々遭遇し、一般的に急激な市場の動きに関する警告を市場に知らせます。 しかし、為替レートの変動について明示的に警告する共同声明を発表することはまれです。

この声明は、米国財務省が年2回為替操作報告書を発表する数時間前に出たもので、日本は外国為替慣行に「注意を払う価値がある」12カ国リストに含まれています。 最近、円安はBOJの継続的な政策調整による金利差に大きく起因していることが分かった。

円は東京の発表以来、ドル当たり133.37円でラリーを繰り広げましたが、予想より強い米国インフレが連邦のより積極的な金利引き上げを示唆した後、ほとんど反上昇しました。 円以上。 134.15で最後でした。

東京の伊藤忠経済研究所(Itochu Economic Research Institute)の武田敦志首席エコノミストは「円が1ドルあたり135ドル下落し、自由落下が始まると東京が介入できる」と話した。

「しかし、ワシントンは参加していないので、単独の介入になるだろう。

円の急激な下落はすでに上昇している原材料輸入費用を膨らませ、家計の生活費を膨らませ、BOJが物価上昇に対処するよう圧力をかけています。

BOJと米国連盟は、来週、政策会議を開く予定です。

日本経済が依然として他国よりもはるかに弱い状況では、BOJは来週も超緩和政策を維持することが広く予想されています。 しかし、追加の円の下落を引き起こす可能性があるにもかかわらず、低い金利に固執しなければならないジレンマに直面するでしょう。

JPモルガン証券の宇賀井宏首席日本エコノミストは「今日の声明が来週のBOJ政策会議に直接影響を及ぼすとは思わない」と話した。 「BOJができることには限界があります。」

介入の基準が高い

インフレに対処するために積極的な金利引き上げを宣言する他の主要な中央銀行とは異なり、BOJは引き続き低い金利を維持することを約束し、日本の資産を投資家にとってあまり魅力的にしません。

その増加する政策の違いにより、円は3月上旬からドルに対して15%下落し、2002年1月31日に135.20に達しました。 これは1998年10月以来、最も低いレベルを突破したものです。

黒田春彦BOJ総裁は、生活費の上昇に対する公衆の感度が高まるにつれて、家計が物価引き上げに対してますます受け入れられているという発言に対して火曜日謝罪しなければなりませんでした。

Moh Siong Simは、「評価の下落速度を潜在的に遅らせることができるのは政策の変化ですが、現在では日本の銀行がインフレや円安の影響を懸念しているという兆候はないようです」と述べました。 Bank of Singaporeの通貨戦略家。

彼は「(共同声明)は口頭介入に近く、どのような措置を取るか、円に影響を与えないかどうか確信が持てない」と話した。 市場は依然として非常に高いです。

輸出依存度の高い経済を考えると、日本は歴史的に円の急激な上昇を抑えることに集中し、円の下落については手を離さないアプローチをとった。

日本が通貨支援のために最後に介入したのは1998年で、当時アジア金融危機により円が急落し、この地域で急激な資本流出が発生しました。 その前に、東京は1991-1992年に円の下落に対応するために介入しました。 すべての種類の最後の介入は2011年にありましたが、それは円を弱めるためのものでした。

東京の金曜日の声明に言及されていない米国財務省の報告書は、日本が外国為替の運営に対する透明性を高く評価したが、介入は十分な事前通知とともに珍しい事件でなければならないと警告した。

報告書は、「財務省の確固たる期待は、大きく自由に取引される取引所で適切な事前協議を通じて非常に例外的な状況でのみ介入しなければならないということ」と述べた。

(Tetsushi KajimotoおよびLeika Kiharaの報告、東京のKantaro KomiyaおよびDaniel Leussink、ニューヨークのDan Burns追加報告、Kim CoghillおよびChizu Nomiyamaの編集)

READ  真弓明信氏のライブ評論阪神2者3巨人/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close