経済

日本は現在、予算の目標をそのまま保持しますが、後で再評価することを目的とします。

東京:日本政府は金曜日、2025年までに基本的な予算の黒字を​​達成するという目標を維持することを約束しており、今回の会計年度にCOVID-19感染症が原因で目標再評価されて財政改革が遅れることができる余地を残すだろうと警告しました。

菅義偉首相の最初の年次経済政策の青写真は、伝染病の後の成長を促進することと、産業界の最も重い公的債務負担を軽減することの間に微妙なバランスを合わせる必要があることを強調しました。

政府は、「2025年までに基本的なバランスを黒字化すると同時に、GDP比の負債比率を安定的に下げることを目標としているドラフトドラフトで財務目標のための青写真に変更がありません。」

金曜日内閣で承認された青写真は「しかし、私たちは、大流行の影響でまだ不安定な経済と財政状況を考慮しながら、現在の会計年度末までのスケジュールを見直すべきだ」と述べた。

青写真は、次の会計年度の予算の基礎を提供しています。 昨年は日本が伝染病に起因する痛みを軽減するために莫大な支出パッケージを出したので、最初の期間への参照を削除しました。

政府の計画は、より大きな支出を追求する、いくつかの与党議員からの圧力を受けて、国の経済回復が脆弱な状態で残っているので、予算期間に若干の揺れを残します。

Dai-ichi Life Research Instituteの経済学者Takuy​​a Hoshinoは「コロナウイルスが財政に影響を与え、緑関連の支出を増やすの圧力が増加すると、2025年に第一次予算黒字を達成することは困難である。」と言いました。

青写真は緑、デジタル、地域や育児をコロナウイルスの後の成長を主導するための重要な投資分野に言及しました。

星野は「日本は英国と米国の足跡をたどる緑社会に必要な財政的需要を満たすために、法人税引き上げについて議論することができる」と述べた。

日本は目標を数回バック延ばした2026年3月の会計年度末までに新規債券の売却と負債償還費用を除いた1次予算黒字を達成することを約束しました。

(記事:Tetsushi Kajimoto、編集:Kim Coghill)

READ  インドの需要恐怖、弱い日本の原油輸入は原油価格をたたく

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close