日本は石油の95%が中東産であり、エネルギー衝撃に弱い。

1 min read

日本の中東産石油依存度は、ロシアのウクライナ戦争とイスラエル・ハマス紛争によって世界の石油市場が困難になっている中で記録的な水準に高まっています。

今日、日本が輸入する石油のほぼ95%が中東から出ています。 これは、原油価格が急騰し、エネルギー部門から遠く離れた地域でコストが感じられた1973年の石油危機当時の数値である77.5%を超えた数値です。

危機当時、田中学栄首相の補佐官だった小永慶一は「日本は石油危機で学んだ教訓を見直さなければならない」と話した。

コナガは、日本が再生エネルギー、原子力など独自の電力源を確保しなければならないと付け加えた。

石油波動は1973年10月、シリアとエジプトがイスラエルを攻撃しながら勃発したヨム・キプール戦争で触発された。 サウジアラビアなどの中東の産油国は、米国やイスラエルの他の同盟国に圧力を加えるために、原油価格を70%引き上げ、供給を減らしました。

日本の戦後急速な成長は、一部中東から輸入できる安価な石油のおかげで可能でした。 この事実は、ヘンリー・キッシンジャー米国国務長官が1973年11月、田中に会うために日本を訪問したとき、さらに強調された。

コナガは会談で、キッシンジャーは田中に石油危機で親アラブの立場を取らないように促したと述べた。

田中は「日米関係は重要だが、日本は石油を中東に依存している」と答えたという。

田中は、日本がアラブの生産者に背を向けた場合に発生する可能性のある費用について話しました。 「アメリカが不足分を埋めることができるか?」 彼は尋ねた。

キッシンジャーは沈黙を守った。

田中は米国に日本の状況を理解してもらうよう要請した。

「日本は決してアラブ諸国を敵に作ることはできない」と彼は言った。

OPECの決定後3ヶ月間、原油価格が4倍も上がり、これにより日本の原材料価格が急上昇しました。 石油に関係のない品目も影響を受けました。

1974年会計年度に日本経済は第二次世界大戦以来初めて萎縮し、ほぼ20年間の急速な経済成長が終わりました。

石油危機はまた、資源が不足している国が石油サプライヤーを多様化し、エネルギーミックスで石油の使用を中止するように促しました。

後に産業部次官であり、アラビアン石油会社社長を歴任した小長(92歳)は「私たちは石油依存度と中東依存度を破ろうと努力した」と話した。

日本は液化天然ガスに優先順位を置いている。 LNG埋蔵量は、石油よりも世界的に広く分布しています。

国内全体のエネルギー供給でLNGが占める割合は半世紀前の2%未満から20%以上に増えました。

日本も原子力と再生エネルギー発電量を増やした。

しかし、2011年の福島第1号原子力発電所の惨事により、原子力へのアクセスはさらに慎重になった。

現在、太陽光発電は再生可能エネルギー分野の一軸に位置していますが、日本国土の70%以上が産地であるため、さらなる拡大は難しいでしょう。

一方、近年、日本が石油を得るために中東に復帰するには、いくつかの要因が作用した。 その依存度は1987年会計年度の最低値である68%で急激に反騰しました。

まず、インドネシアやその他の石油生産国は、経済が成長するにつれて、輸出販売から内需消費に優先順位を移しました。

もう一つの理由は、ウクライナ侵攻以来、日本がロシアからの輸入を中止することを決めたからです。

日本は燃料の種類を多様化するために明確な努力をしてきました。 エネルギー供給で石油が占める割合は、1973年会計年度75.5%から2021会計年度36%に減少した。

それにもかかわらず、中東は現在日本が輸入する石油の90%以上を占めています。

中東の暴力事態が拡大し、世界の石油市場が揺れています。

10月7日、ハマスのイスラエル奇襲攻撃以来、最初の取引日である10月9日、西部テキサス産重質油プレゼントは5%以上急騰した。

イスラエルのガザ地区侵攻の可能性がさらに大きくなった10月13日には、価格がほぼ6%急騰し、バレルあたり88ドルに近づきました。

(この記事は土井新平と井沢健二によって書かれました。)

READ  X Japanベーシスト・ヒロシ「Heath」Morieが55歳で亡くなりました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours