トップニュース

日本は純外部資産が増加するにつれて、最高債権国のままです。

東京:2021年、日本の外部純資産が史上最大値を記録し、31年連続最高債権国の席を守り、これは円の安全資産としての地位を強化すると金曜日に明らかにした。 最近弱まっています。

日本政府と企業、個人が保有する資産の純価値は昨年末411兆円(3兆2400億ドル)で56億円増加し、史上最大値を記録した。

この増加は、海外直接投資の増加とドルベースでの円価資産が11%増加したためです。

このデータは、日本の購買力に対する懸念を呼び起こしたドル当たり131円を超え、最近20年の最低値で日本通貨が急落したことに対する懸念を緩和することができます。

2021年末基準で日本の対外純資産は世界2位債権国であるドイツの1.3倍、香港、中国の順だ。

対外総資産は838兆7000億円、対外負債は1249兆9000億円で、純対外資産は411兆2000億円と集計された。

別のデータによると、2021年の日本の経常収支黒字は15兆5000億円で、前年度より1.2%減少し、1次所得増加は20兆5000億円、貿易黒字は1兆7000億円と集計された。

このデータは、日本が海外投資を通じて得た莫大な収入が貿易収支の弱化を相殺しても円の安全資産の地位を維持するのに役立つという見解を強調しました。

($1 = 126.8400円)

READ  日本で訓練を受けた農家の目で見るフィリピンの農業の未来

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close