スポーツ

日本は致命的な群衆の圧倒から学んだが、危険は依然として残っている

154人の命を奪った土曜日、ソウルの片思い 日本人2名付き日本の多くの人が気になります。 日本の群衆はどれくらい安全ですか?

警察と政府は、2011年に兵庫県明石で11人が死亡し、247人が負傷した花火大会以来、歩行者の圧殺事件以後、群衆統制措置を大きく強化したと専門家らは語る。 警察の歴史上「恥辱」とされていたこの災害は、混雑制御に関する様々な警察マニュアルを作り出し、花火祭り、スポーツ競技などの主要イベントの主催者が詳細なセキュリティ計画を準備し、詳細なセキュリティ計画を策定することを標準慣行にしました。 事前に地元警察に相談してください。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

READ  「今は不可能である「日本のホストタウン、大流行のスポーツニュース、Firstpost "

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close