技術

日本は若いエンジニアを必要とし、バングラデシュICTの専門家はそのギャップを埋めることができます

バングラデシュと日本は若いICTエンジニアの不足に直面しているため、「ICT橋」を開発できると日本の専門家が語った。

「両国はお互いを支えることができます。 バングラデシュの若者が日本に行って経験をしてほしい。 一方的な支援ではありません。」

日本の金沢工科大学の副教授でもあるカノ博士は、質問に対してバングラデシュの若いICTエンジニアを支援したいと述べた。

Jatiya Press Club(JPC)のこの特派員と話し合うと、日本の専門家はデジタル人材がバングラデシュでICT部門の発展のための重要な要素の一つであると述べました。

日本の専門家は「バングラデシュのデジタル人材は国家と日本を結ぶICT架橋の役割を果たすことができる」と話した。

彼はバングラデシュの若い専門職従事者たちが日本に行ってから10~20年後にバングラデシュに帰れば両国とも恩恵を受けるだろうと話した。

カノ博士は、日本が「高齢化社会」となっており、若者の数が不足しているため、ICTエンジニア不足という大きな問題があると述べました。

読む:バングラデシュはUNODCを通じて日本から薬物、前駆体テストキットを入手しています。

彼は「日本には若いICTエンジニアが多くない」とし「バングラデシュではICT分野でも必要な技術が不足して卒業後すぐに就職できない若者が多い。

日本の専門家は、日本のICTエンジニア不足とバングラデシュの良い雇用不足というこの2つの問題は、協力と協力を通じて解決できると述べた。

日本外交部と中高日本大使館の招待でバングラデシュを訪問中の加野博士は、火曜日のダッカを去る予定だ。

彼はソフトスキルとハードスキルの両方がグローバルな経験を通じて得られ、両国はICTのビジネス関係をより一層高めることができると述べた。

バングラデシュで活動する日本企業の数は、ICT企業(オフショアリング、開発センター、採用など)の関心が高まるにつれ、過去10年間で3倍に増加しました。

日曜日には政府関係者、産業界従事者、学生など100人余りが参加した中でICT部門で「バングラデシュと日本のICTブリッジ」講演をした。

READ  Apple aims to debut a new low-cost 5G iPhone and iPad in early March

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close