トップニュース

日本は超強大国になることを渇望していますか?

11月上旬、ドイツ海軍のフリゲート艦 バイエルン 日本海上自衛隊駆逐艦と二日間の訓練の末に日本に停泊 サミダーレ。 いいえ、枢軸国の再建ではありませんが、依然として重要です。

ドイツ軍司令官のエバーハルト・ゾルン将軍は、東京記者会見で、「インド太平洋は今日戦略的に最も重要な地域の一つです。 「ここで、世界の自由、平和、福祉に関する重要な決定が下されています。 私たちのフリゲートをインドの太平洋に置くことは、ドイツが私たちの共通の価値を支持することを明らかにすることです。 言い換えれば、ドイツはイギリス、フランス、オランダがそうであったように中国を牽制するために私の役割をしています。 そしてもちろんアメリカ人たち。

日本の自衛隊は世界で5番目に強力な軍隊として描かれています。 2021年11月、日本の国防予算470億ドルから67億ドルが追加編成された。 菅吉秀首相と執権自民党は中国だけでなくロシアと北朝鮮の脅威が続くと補完を求めてきた。

これはアメリカ人にとって驚くべきことではありません。 4月、ワシントンで開かれた高位級会談で、菅川バイデン米大統領は「日米同盟と地域安全保障をさらに強化」するために日本の国防力を強化するという意味を明らかにしました。

地域安全保障とは、日本の1947年平和憲法に反する戦略的な力を意味します。 その基本的な文書は、世界と地域の平和への献身で非常に明白です。 その条項9は次の通りである。

日本国民は正義と秩序に基づく国際平和を心から願い、国家の主権である戦争と国際紛争を解決するための手段としての武力脅威または武力行事を永遠に放棄します。

前項の目的を達成するために、陸・海・空軍及びその他の戦争潜在力を絶対維持しない。 国の交戦権は認められません。

しかし、米国占領が日本に強要した​​文書の一部として、東アジアと東南アジアを荒廃させた国のその驚くべき宣言は、インクが紙に使われた日から侵食されています。 現在、日本はフランスやイギリスよりも多くの軍事予算を保有しており、増え続けています。 日本は現在、中国が主張する沿岸海域と孤島の防衛に軍事的に参加する意思があることを公に認めています。 日本が支配する東シナ海のこれらの島々は、日本語で尖閣、中国語でディアオユと言われています。 しかし、東京はまた、東シナ海と南シナ海、そして残りの西太平洋地域で主要企業になるという目標についてもかなりオープンです。 これは明らかにペンタゴンの祝福を受けました。

2021年4月、ジョーバイデン米大統領とワシントンで会った岸田文夫日本首相は、「尖閣を守るという米国の約束」に対する「強力な」メッセージを米国大統領から受け取ったと話した。 声明は具体的な内容が不足していたのですが、おそらくアメリカがそのような防御がどんな姿なのかよく分からないからでしょう。

現在、日本は海上自衛隊50,000人(艦艇150隻、航空機350台)と空軍50,000人を含む150,000人の地上軍を保有しています。 それはイギリスやフランスよりも多くの兵士です。 さらに、11月の追加支出は、米国の地対空ミサイル(SAM)システムおよびその他の高度な機器と、より平凡な海上哨戒機、機雷、魚雷およびその他のハードウェア購入に使用されます。 これらすべては、北朝鮮のミサイル脅威的な誤った行動と、日本のほとんど無人島である西太平洋島に対する中国の侵害に対応するためのものです。

しかし、予算の数値が必ずしも軍の効率を示すわけではありません。 問題は、JDFが主に日本の機器に依存しており、その機器は古くて高価であるということです。 例えば、最近北海道公開機動セットに展示されたタンクは30年を超えました。 これはJDFを戦場で不利にするだけでなく、世界中で日本の武器販売に影響を与えます。 防衛専門家のHeigo Satoによると、APとのインタビューで次のように語った。 「問題は、日本の放散製品が一等級ではないということです。 誰も第2クラスや第3クラスの製品をより高い価格で購入することに興味はありません。

さらに、日本は名目上の反中同盟国である韓国との車線の関係により妨げられています。 韓国人は日本が当時植民地に対する展示処理に対して適切な補償をしなかったことについて絶えず「力を出せ」と話した。

一方、中国ははるかに大きな軍隊と、おそらく世界最大の海軍を持っています。 しかし、MITの日本プログラムおよび国際研究センターの取締役であるRichard Samuelsによると、莫大な国防予算だけでは信頼できる力の尺度にはなりません。 サムエルスは「日本は中国自体の力で中国を抑止できないようだ(核兵器)。 、ヨーロッパでも。」

そして、しばしば創造的に解釈されますが、まだ有効な日本の平和憲法の迷惑な問題があります。 要するに、日本の右翼はすべて攻撃的な軍隊を取り戻すためのものだが、一般大衆が従いたいかどうかは全く明らかではない。 サンタバーバラにあるカリフォルニア大学の日本文化研究学科長であるSabine Frühstückは、次のように語りました。 現実になると葛藤になる」 特に日本と中国の海洋境界にあるいくつかの荒涼とした岩の上にあります。

単に意志の問題ではありません。 人口減少の問題もある。 2020年に米陸軍戦争大学の戦略研究研究所によると、「人材不足は、大規模増強のための資源が利用可能であっても、日本の軍隊拡張能力に構造的制約を加えています。 自衛隊の人員レベルは冷戦終結後に停滞している。 もっと心配なのは、自衛隊が隊列を埋めるために苦労しているということです。」

私は日本がアメリカと一隻のドイツ海軍が側に立ったにもかかわらず、かつて広大な太平洋帝国の残骸に対してまだ繁栄し、よく整った文明を喜んで危険にさらすかどうかについて賭けません。

どうやら、東京は喜んでリスクをヘッジします。 12月28日、 ジャパンタイムズ 吉志夫夫国防部長官は月曜日、魏峰和中国国防部長が東シナ海の独島をめぐる緊張の中で管理者の間にホットラインを開設することに同意したと明らかにした。

しかし、中国と日本のどちらも領有権の主張を認める意思がないと見られた。

READ  日韓協力のためのリーダーシップの空白

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close