トップニュース

日本は高価な原材料と円安のため850億ドルの被害を受けました。

東京 – 歴史的に円安と原材料価格の上昇により、1~3月四半期に日本で記録的な11兆5000億円(858億ドル)が流出し、最新データによると4~6月にはより大きな流出が発生することができます。

日本銀行によると、輸入価格は円で5月の前年同期比43.3%上昇した。 これは、契約通貨ベースで26.3%増加したことを上回り、1981年に比較可能なデータが提供されて以来、最大の幅に増加した数値です。

一方、輸出価格は円基準で16.7%上昇した。 日本の貿易条件(ある国の購買力を示す指標である輸入価格対輸出価格の割合)が史上最低値を記録した。

日本の1-3月実質国内総生産(GDP)は年間基準で計538兆7000億円です。 しかし、この数値は2015年の物価を基準にしたもので、その後日本の貿易条件の下落を反映していない。

貿易条件を反映した国内総生産(GDP)は527兆2000億円に達した。 2つの数値の間の11兆5000億円の差は、四半期中に日本から流出した所得金額を表しています。

これに対し、原油など原材料を輸出する米国は貿易条件を改善した。 ドイツは日本と同じ資源の純輸入国であるが、契約は主にユーロで表されるため、急激な下落を経験していない。

木曜日の円は134.55ドルで米ドルに対して20年の最低値を記録した。

高い資源価格と円安のため、日本企業は商品価格の上昇に苦しんでいます。 生産者物価指数は5月に9.1%上がり、11ヶ月連続5%以上に上がった。 これは1981年2月以降、一度も超えていない閾値である。 この指数を構成する515個の商品のうち、426個(80%以上)を超えなかった。 – 価格が引き上げられました。

石炭と鉄鉱石の価格が上昇するにつれて、日本鋼は6月から出荷される鋼板卸売価格をトン当たり20,000円(約15%)引き上げました。 同社は現在、2020年10月から90,000円以上の価格引き上げを発表しました。

トレンドは消費財に広がっています。 調査会社のTeikoku Databankによると、105社の上場企業の10,000以上の食品が今年価格が引き上げられているという。 これまでのほとんどの印象は食用油と小麦の価格上昇から来ていますが、より多くの企業が原油価格と円安を考慮しています。

Calbeeは食用油と包装材料の価格上昇でポテトチップスの価格を引き上げました。

マルハニチロ(Maruha Nichiro)のイケミ・マサル(Masaru Ikemi)社長兼CEOは「販売量を減らしても価格を引き上げるしかない」と述べた。 シーフードディストリビューターは、2月に3年ぶりに初めて引き上げてわずか6ヶ月ぶりの8月1日出荷を皮切りに、ほぼすべての小売冷凍品の価格を5%から28%引き上げます。

Calbeeは、1月に3年ぶりにポテトチップラインの価格を引き上げました。 このスナックメーカーは、2016年の発売以来初めて7月にPotato Chips Crispラインの価格を引き上げる予定です。 食用油と包装コストの上昇は会社に大きな負担となりました。

カルビーの社長兼最高経営責任者(CEO)であるShuji Itoは、「私たちは生産性を向上させるために努力しましたが、限界に達しました。

日本はアメリカやヨーロッパに比べて名目賃金上昇速度が遅いため、若干の物価引き上げでも消費者に大きな打撃を与えることができます。 家計は購入力を失い、支出を減らすことができます。

READ  菅首相任命拒否の理由表さず学術会議の会長と会談 - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close