日本は2035年までに再生エネルギー容量を3倍に増やすことを促した。

1 min read

日本は2035年までに再生エネルギー容量を3倍に増やすことを促した。

東京、2024年6月25日(BSS / AFP) – 火曜日数百の多国籍企業は、石炭依存度の高い日本がエネルギー政策を更新するにつれて、2035年までに再生可能電力生産能力を3倍に増やすことを日本に促しました。

RE100と呼ばれるこのグループには、ソニー、パナソニックなど87の日本企業が含まれ、完全再生可能電力の使用に努めている400社以上の大企業が含まれます。

「国内の再生可能エネルギー容量を増やすことで、日本はエネルギー安全保障を大幅に向上させ、国際競争力を保護し、より多くの再生可能エネルギープロジェクトへの民間投資を増やすことができます」とグループは語った。

日本は今年末に公開される予定の戦略的エネルギー計画を通じて、再生可能エネルギー設置容量を2022年に121ギガワットから2035年までに363ギガワットに3倍に増やすことを要求しました。

去る12月のCOP28気候会談で、日本を含む約120カ国が7年以内に全世界の再生エネルギーを3倍に増やすと約束しました。 これは、各国の貢献度が異なる可能性がある世界的な努力です。

2022年国際エネルギー機関(International Energy Agency)の数値によると、日本は22.6%で、米国は現在の発電量で再生エネルギー比重が最も低い7カ国グループです。

日本政府は2050年まで炭素中立を目指しているが、大臣が2030年代半ばの目標に合意した今年のG7気候会議で石炭火力発電所を段階的に廃止する日を定めることを惜しまなかった。

彼らはまた、石炭の発電が「減少」した場合、技術によって排出が捕捉または制限されることを意味します。 これは多くの人が証明されていないことであり、化石燃料の使用を減らすのを妨げると非難します。

RE100は、10年前に国際非営利団体である気候グループ(Climate Group)がグローバルNGOである炭素情報公開プロジェクト(CDP)と協力して設立しました。 CDPは企業の気候約束を追跡し評価します。

日本の改正エネルギー戦略に先立ち、日本は「日本の再生可能エネルギーの可用性、アクセシビリティ、経済性」を改善するための6つの政策勧告を提示しました。

世界4位の経済規模を持つ国家は化石燃料に大きく依存しています。

READ  イギリス、2022年TPP進入目標:貿易大臣
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours