理科

日本は10月からCOVID-19の無理免疫に到達することができるとの研究結果

野村證券は、木曜日に発表された研究報告書で日本が最近、日本の予防接種加速のために、10月中旬までにコロナウイルスの無理免疫を達成することができると明らかにした。

日本最大仲介業者のアナリストは、COVID-19集団免疫に到達して、人口の少なくとも70%が病気に免疫になることが、以前の推定値よりも約2ヶ月早い10月18日の週に可能であると言いました。

野村は、政府が会社が予想したよりも約1ヶ月前倒しで一日100万回のワクチンを投与するという目標を達成した後、展望を修正した報告書は、なおワクチン接種率が一日125万回まで増加すると予想と付け加えた。

日本の遅いワクチン発売の批判に直面したシュガー義久に首相は今月中旬まで全国的に、一日100万回を投与すると約束した。 集計された集計は目標6月9日に達成されたことを示したと、政府は木曜日明らかにした。

政府の集計によると、1億2千5百万の人口の合計5.5%がワクチン接種を2回当たった15.6%は木曜日、現在、1回接種を受けました。

報告書は、予防接種率が一日に100万回の頂点に達し、一日に約50万回迅速に低下無理免疫力を確保することが、潜在的に2月末に戻すことができると推定しました。

政府は、線量を十分に速く分配することができないという懸念のために、職場でのCOVID-19ワクチンの会社の申請を一時的に中断しました。

家畜の免疫がない場合でも、日本経済は、7月末から8月までの予防接種率が10〜20%台に近づい回復を回復することが期待される。 状態。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  Science News Roundup:日本の億万長者が月旅行のために「乗務員」を探しています。 バットと発生の起源など

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close