トップニュース

日本は1970年代にSenkakusの中立を修正するように、米国の要請

日本政府は、1978年4月、日本の尖閣諸島の主権の中立の立場を米国に変更してほしいと、米国の要請したが、米国政府は、機密解除された米国政府の文書によると、このことを拒否した。

共同通信が米国国立文書保管所で入手した文書はまた、米国政府が米国政府の「立場の立場」を踏まえ、東シナ海の日本が制御し、中国が主張する島の公平性を変更することを拒否したこと示しました。 尖閣ス紛争は無人島を含む沖縄が日本に帰還した1972年以来、変わらなかった。

1978年4月に撮影されたファイルの写真は、尖閣諸島周辺の日本の領海に中国漁船を示しています。 (教徒)

1978年に日本駐在米国大使館で国務省に送った電報によると、日本の首相はマイクマンスフィールド大使に米国訪問を控え、会議で中国漁船が領土に侵入したことに驚いたました。 尖閣島周辺の海。

日中関係は、中国がDiaoyuと呼ぶ島で、しばしば解体された。 尖閣スの行政権は、1972年に米国で日本に戻りました。

日米安保条約第5条によると、米国は尖閣諸島を含む武装攻撃から日本の政権の領土を守ることだが、島の主権に影響を与えることはありません。

一方、当時の駐米日本大使館議員だった有馬達夫も沖縄帰還時に提示された尖閣諸島の主権に対する米国の立場を変更してくれることを要請しました。

日米の相互安全保障条約に疑問を提起することができる米国の無応答立場は、米国側に言うように引用された。

しかし、米国務省は「米国の長期的な必要性を十分に考慮して策定されており、1971年に行ったように、今も、これらのニーズを継続満たしている」は、政府の立場を指摘しながら控訴を拒否した。

米国電報によると、日本が尖閣スのいずれかである大正島の訓練場として提供した射撃場の利用に疑問を提起する場合、米国が声明を準備したことを知ることができます。

日本はアメリカに主権問題の公平性を示唆している詩を削除を要請したが、要求は拒否されました。

米国は1978年6月中の領土紛争に巻き込まれることがあるという懸念で射撃場の使用を中止しました。

中国は、2012年に日本が島を国家統制下においたので、主張を強化しました。 日本は島の領土主権問題が解決されない立場をとっています。

READ  東京2021:コロナウイルス感染症の発生安全承認のために来日オリンピック代表| 日本の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close