経済

日本は2022年度の経済成長率予測を2.2%から3.2%に上方修正

日本政府は、木曜日の2022会計年度の国内経済成長率予測を前の推定値である2.2%から実質3.2%に上方調整した。 今年の改善。

政府は4月から首相が発表する2022会計年度予算案草案を作成する際、国内総生産(GDP)の予想成長速度、すなわち国内で生産される財貨とサービスの総価値に基づいて税収推定を行う予定だ。 岸田文夫内閣は金曜日承認される予定だ。

政府消息筋によると、初期予算は約107兆6000億円(9500億ドル)で10年連続最高値を記録すると予想される。

反復感染の再現による大流行の長期的な経済的影響のため、オフィスは今年のGDP成長率の見通しを3.7%から2.6%に下方修正しました。

政府はもともと2021年、日本のGDPが2019年10~12月の期間に感染病水準に戻ると予想したが、目標が3月に延期される可能性があると政府関係者が語った。

2022会計年度実質国内総生産(GDP)規模は556兆8000億円で、歴代最高値の2018会計年度554兆3000億円を越える見通しだ。

次の会計年度のGDP成長率の見通しは、今月初めに日本経済研究センター(Japan Center for Economic Research)が実施したアンケート調査で、民間部門の経済学者が推定した平均3.0%増加よりやや高い。

インフレを考慮していない名目上、世界3位の経済規模は2022年度に3.6%成長した564兆6000億円に達すると政府は見通した。

日本経済の半分以上を占める民間消費は来年度4.0%増加すると予想され、既存の推定値と変わらない。

資本支出は現在実質5.1%増加すると推定されており、これは7月の予測である4.2%拡大よりも高い。

2022年度の輸出は、2021年度の11.4%成長に続き、5.5%増加すると予想され、世界経済回復の恩恵を受けました。


関連する適用範囲:

日本は、COVID-hit経済に対するパッケージ資金調達のための記録的な追加予算制定

日本政府は8年間、建設受注データを過大評価しませんでした。

7~9月、日本経済萎縮ファンデミックの中で3.6%に下向き


READ  日本首相「米軍基地、コロナ19統制強化する」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close