トップニュース

日本は2023年ラグビーワールドカップを狙う

ウェリントン、ニュージーランド(AP) – Michael Leitchは、過去2回のラグビーワールドカップで日本を優勝しました。 次のワールドカップは2023年にフランスで開催され、Leitchにはメッセージがあります。 日本を見落とさないでください。

2015年、日本は「ブライトンの奇跡」で続くイギリスのビーチ村ブライトンで南アフリカ共和国を破った。 。

Leitchはもはや主張していませんが、まだ選手であり、チームのコアメンバーです。 彼は日本がイングランド、アルゼンチン、サモアおよび他の1人の予選戦と共にD組に編成されるトーナメントを期待している。

略語はLeitchを怒らせず、適切だとは思わない。

Leitchは今週、東京で記者にこう言いました。 「私たちはみんなが2番目に好きなチームだと思うので、日本はとてもユニークだと思います。 「2回の成功したワールドカップキャンペーンにもかかわらず、私たちはまだ弱者と見なされます。 打ち抜くのは難しいことだ」

「無意識のうちに日本を考えると、自動思考プロセスはチームを支配する大きな物理的側面ではない」と付け加えた。

Leitchは、2019年に比べてワールドカップの準備で日本がどの位置にいるのかを判断するのは難しいと述べました。 その後、日本が初めて自宅で世界トーナメントを開催する準備をしたとき、緊迫感と目的意識がキャンペーンに力を与えました。 。

それ以来、何年も日本に有利に働きませんでした。 COVID-19は国境を閉鎖し、日本はテスト競技なしで18ヶ月を過ごしました。 新しいプレーヤーを紹介する能力は弱まりましたが、Leitchは現在進行中の状況を信じています。

「2019年には、ホームアドバンテージとみんなが私たちが日本のラグビーを成長させると期待して、クラブから離れているリソースと時間に多くのアクセスをすることができました」と彼は言いました。 「球団は誰も解放するのを気にしなかった」

彼は「今回はコロナで状況がちょっと違う」とし、「準備で私たちがどこにいるのかを測るのは本当に難しいが、一緒にした時間の間、私たちは驚くべき進展を遂げた」と付け加えた。

Leitchは、日本がワールドカップに参加する選手たちを確信できると述べた。 多くの人々がすでにワールドカップの経験を持っている一方で、若い選手たちは急速に発展している日本のプロリーグで世界トップクラスの選手たちと並ぶ機会を持っていました。

「私たちは2015年と2019年のワールドカップに参加した選手の多くが2019年に最も多かった」とLeitchは言いました。 「私たちは、私たちが持っている知識と経験が2023年に重要であると思います。」

「私たちは真のXファクターを持ついくつかの偉大な選手を持っています」と彼は付け加えました。

日本のイメージは体力よりもスピードに依存しているのだが、Leitchはそれが変化していると言った。

「誰もが日本を身体的優位性がないと説明していますが、私たちは過去に私たちが自分の体重を超えてボクシングできることを証明しました」と彼は言いました。 「相手よりも速く、物理的なものではありません。 私たちにとって、それはよりスマートになり、私たちの瞬間を選択し、適切な領域を見つけることです。」

「日本のチームの利点の1つは、戦術的に非常に柔軟です。 戦術は間違いなく各相手に対して変わります。 私はどんな試合でも私たちの体力や戦闘力の欠如を心配しません。」

___

その他のAPラグビー:https://apnews.com/hub/rugbyとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  カワイ案里被告秘書の上告棄却最高裁連座制適用すると、失業に - 産経ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close