日本は2026年から経済水域でコバルトとニッケル採掘を始める。

1 min read

寄稿者: アリマート・アリエバ

日本は2026年から小笠原諸島近くの大規模深海埋葬地地域でコバルトとニッケル採掘を開始する計画です。 この埋蔵量は日本のコバルト需要を75年、ニッケル需要を11年間充てることができます。 アゼルニュース
レポート。

鉱床は南鳥島島一帯の水深55,000mに位置しています。 mで、10,000平方キロメートルを超えて拡張されます。 球状鉱物層の堆積物 – 希少金属を含む金網間破壊がそこで発見されました。 総破壊の量は2億1000万トンと推定され、これにはコバルトが61万トン、ニッケルが74万トンが含まれています。

このプロジェクトは東京大学と日本財団の専門家が開発しています。 前述したようにフェロマンガン断塊抽出技術は海外に保有されており、欧州と米国企業が協力する計画だ。

2026年には現場で生産を開始する予定で、その後日本財団は生産に希少金属が必要な日本企業に抽出された金属の商業供給を組織します。

Twitterでフォローしてください
@AzerNewsAz

READ  UNMアンダーソンスクールのEMBAコホートが日本を訪問し、最高経営陣と出会う:UNMニュースルーム
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours