トップニュース

日本は2030会計年度までの再生可能エネルギーのほぼ40%を目指します。

東京 – 日本政府は、最新バージョンの混合電源目標で会計年度2030年に再生可能エネルギーが国家電力の約40%を生産するようにして総排出量の60%をゼロ排出源にする計画です。

再生可能エネルギー、特に太陽光発電は、水曜日にドラフトを作成する修正エネルギー計画で全体の発電量の36%から38%を占めると予想され、これは現在の目標より14ポイント増加した数値であり、原子力発電は20%で22%に維持されます。 化石燃料の割合は、現在の56%から41%に削減されています。

この変更は、日本の温室効果ガス排出の主な原因を解決することを目的とします。 東京は4月に2030年度までの温室効果ガス排出量を2013年度比で46%以上減らすと約束しました。

READ  体操 - 日本、橋本が総合優勝に新しい「王」選定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close