トップニュース

日本は2030年までに、アンモニア燃料の需要を年間300万トンに増やすことを目標にします。

日本、2月8日(ロイター) – 日本は現在、0から2030年までの国のアンモニア燃料需要を年間300万トンに増やし、CO2排出量を削減し、対処するために、新しい燃料サプライチェーンを作成する目標を立てました。 気候変動、産業省は、月曜日に語った。

これは去る12月にシュガー義久に首相が2050年までに二酸化炭素排出量をゼロに減らすという公約に基づいて、昨年12月に公開されたグリーン成長戦略に基づいて、クリーンエネルギーの開発を推進しようとする政府の努力の一環として出てきたものである。

燃やしても二酸化炭素を排出しないアンモニアは、水素と一緒に、効果的な未来のエネルギー源として考慮される。

日本のアンモニア燃料戦略を議論するために産業部が招集したパネルは、月曜日にこの物質を発電、船舶及び工業炉用燃料として使用するためのロードマップを提示する中間報告書を発表しました。

現在、日本では肥料や産業資材のみ1,080万トンのアンモニアを使用しており、このうち80%は現地で生産される。

しかし、石炭と混合された20%アンモニアを使用して、1ギガワット(GW)の発電所で電力を生成するために50万トンのアンモニア燃料が必要なので、別のより大きな国際サプライチェーンが必要と報告書は述べている。

日本はまた、2028年までにアンモニア動力船を開発しようとします。

アンモニアのコストを現在の20〜25円で、2030年までに一般立方メートル(Nm3)あたり15〜20円($ 0.14- $ 0.19)に減らし、日本の年間アンモニア燃料の需要を2050年までに3000万トンに増やすことを目標にしています。 。

10月に日本最大の発電機であるJERAは2030年までに発電所で混合燃焼時アンモニアを石炭と燃料として使用する試験プログラムを開始し、石炭火力発電所からのアンモニアを20%まで使用する予定だと明らかにした。 2035。

$ 1 = 105.6200円Yuka Obayashiレポート; Jan Harvey編集

READ  3サイズで確定かな? iPhone 12のガラスフィルムが小売店にある| ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close