トップニュース

日本は2030年までにエネルギーの36〜38%を再生可能エネルギーにすることを目指しています。

2021年3月6日、日本の福島県浪江秒で福島水素エネルギー研究章(FH2R)と隣接する太陽光発電所が撮影されている。 REUTERS / Yuka Obayashi / File Photo

東京、10月22日(ロイター) – 日本は気候変動に対処して、2050年のカーボンニュートラルの目標を達成することを目指し、2030年までに、全国の電力ミックスで再生可能エネルギーの野心的な目標を設定しました。

7月に提案されて金曜日に日本の内閣の承認を受けた計画によると、再生可能エネルギーは、2030年までに電力供給の36〜38%を占めるようになり、2019年の水準の二倍であり、以前の2030年の目標である22 〜24%をはるかに上回っています。

去る4月、日本はバイデン米大統領が主催する気候サミットで世界の首脳が会った米国の圧力に対応して、2030年の温室効果ガスの排出量削減目標を2013年の26%から46%に高めました。 続きを読む

G20首脳は、今月グラスゴーで会って、地球温暖化を産業革命以前の水準より1.5度以上に制限するために必要であると科学者たちは言うの排出量削減について議論します。 続きを読む

今回の政策は、石炭・原子力政策への批判を含めて6,400以上の世論が高まったが、今年7月に発表した草案と大きく変わった点はない。 続きを読む

グリーンエネルギーで日本は、太陽光14〜16%、風力5%、地熱1%、水力11%、バイオマス5%を目標としています。

しかし、日本の原子力目標は、2011年福島の災害後の産業を以前の中心的な役割に戻すのに苦労しているにもかかわらず、20-22%に変更されていない状態のままにしました。

目標を達成するには、現在稼働中の8つの原子炉で約30個の原子炉を再起動する必要があります。 この国には、以前に54個の適用範囲が広い原子炉がありました。 日本/オ

専門家は、福島の事故により、原子力に対する国民の認識が大きく変わり、核の目標を達成することは困難だろうと言います。

日本の国際大学(International University of Japan)の武雄滝川(Takeo Kikkawa)副総長は「2050年の目標と2030年の目標である46%の排出量削減は、最終的に日本を世界標準に引き上げた正しい決定だ」と言いました。

政府顧問であるKikukawaは「しかし、日本では、適切な太陽光敷地が不足して再生可能エネルギーが30%に達することができ、原子力発電は、約20個の原子炉が稼動している状態で、最大15%まで増加することができますので、2030年の目標を達成していない」と言いました。 エネルギー政策について。

最も汚れた化石燃料である石炭の使用は、既存の目標である26%から19%に、液化天然ガス(LNG)は、27%から20%に、石油は3で2%に減らす。 %。

水素とアンモニアのような新しい燃料は、2030年までに電力ミックスの約1%を占めることです。

Kikukawaは「アンモニアと水素が火力発電のための無炭素燃料であり、カーボンニュートラルに向けた日本の究極の武器になるものと予想され、日本は2050年の目標を達成することができます。」と言いました。

政府は3〜4年に一度のエネルギー基本計画を修正する。

レポート大林優香、編集、ルイスヘブン

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本とアメリカ、尖閣防衛のための共同訓練の実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close