日本は2030年までに男性労働者の85%が子育て休職を使用することを目指しています。

1 min read

岸田文夫日本首相は、低出産問題を解決するために、2030年度までに子どもがいる男性労働者の85%が子育て休職を使用できるように必要な措置を履行すると金曜日約束しました。

岸田首相は記者会見で、自分の政府が心配なく子どもを育てる環境を整えるために、若い労働者の賃金を引き上げ、経済的支援を強化するための措置を取ると述べた。

「2030年代に日本の若い人口は現在の速度の2倍に減少します。今後6~7年は出産率の減少を元に戻すチャンスになるでしょう」 3月末まで。

日本では、資格のある女性の85.1%が2021年度から2022年3月まで出産休暇を使用し、男性の場合は13.97%にとどまりました。 多くの労働者は、休暇を取ることが同僚の仕事量を増やすことができると心配していると言います。

2022年に日本で生まれた赤ちゃんの数は、1899年の記録が始まって以来初めて80万人以下に落ち、7年連続で最低値を記録したと政府資料が先月末に現れました。

岸田首相は児童政策に集中することが今年最も緊急な議題であり、低出産問題を解決するために支出を増やすという意志を表明したが、予算調達方式については明らかにしなかった。

家族の扶養に関する日本の公共支出は、2020年度に約10兆円(750億ドル)で、その年の国内総生産(GDP)の2.01%を占め、日本が先進国経済に遅れていることを示しています。

東京の国立人口社会保障研究所が2018会計年度に発表した資料によると、スウェーデンはGDPの3.46%、イギリスは2.98%、フランスは2.81%を子育てに支出しました。

岸田が家族の扶養のための予算をどのように調達する計画かはまだ不確実であり、彼の政府がコストをカバーするために大規模な税引きを断行するという推測を呼び起こしています。

金曜日の岸田の発言は、一部の批評家たちが、彼が4月の地方選挙を控えて「豚肉缶」政策に切り替えることができると述べた中で出てきたのです。

一方、首相は、地域軍の脅威が増加する中で、安全保障政策の主要な変化から攻撃を抑制するために、今後5年間で日本の防衛費支出を約2倍に増やし、敵の基地攻撃能力を確保することに決めました。

岸田政府は、2024年度以降に「適切な時期に」法人税、所得税、タバコ税を引き上げ、2027年度に約1兆円(75億ドル)を確保し、国防力を強化する準備ができていると明らかにしました。 。

READ  今日の株式市場:アメリカのインフレレポートを控えてアジアが下落 WGNラジオ720
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours