日本は2035年までに再生エネルギー容量を363GWに3倍増やす必要があります。

1 min read

RE100は、設置された再生可能エネルギー容量を2022年に121GWから2035年までに363GWに3倍に増やすため、日本政府が省庁間の調整・調整を改善し、再生可能エネルギーサイトの選定、申請プロセス、承認の許可を簡素化できると提案しました。 また、自然環境と地域的水溶性を考慮して土地利用規制を検討し、再生エネルギーの拡大を支援することもできる。

日本はまた、再生可能エネルギープロジェクトの接続時間を短縮し、削減を避けるために、既存の再生可能エネルギーの使用を最大化するために、グリッドのアップグレードと運用改善の優先順位を設定することができます。

RE100によると、太陽光を含む分散型再生エネルギーの使用を最大化することで、日本のグリッドの柔軟性と弾力性を向上させることができます。

さらに、日本政府は、バランスとコネクションのコストを明確にし、発電機とエンドユーザーの間に規制されたコスト追加要素の予測可能で公正なコスト割り当てを保証し、透明で公正な電気価格を促進する方針を実施することを勧告されています。

去る3月、日本は2024年と2025年に商業及び産業(C&I)及び住宅用太陽光設置に対する新しい発電差額支援制度(FiT)を発表しました。

また、日本政府は、合理化されたプロセスを構築し、買い手とサプライヤーの障壁を取り除き、PPA契約の開始と実行を促進するための明確なガイドラインを確立し、購入インセンティブを改善することによって、物理的および仮想企業の電力購入契約(PPA) )へのアクセシビリティを向上させることができます。 FiT制度に含まれていない企業PPAの再生可能電力。

最後にRE100は2025年から2030年まで再生可能電力及び関連技術のため、公共及び民間投資に最大18兆1千億円(米ドル1,135億ドル)を動員し、短期及び中期電力を増やしてグリッドマスタープラン及び再生可能目標との連携を強化することを提案しました。 地域間伝送線路を含む伝送および配電ネットワークの改善に対する期間投資。

以前は、 PV技術プレミアム ペロブスカイトの太陽光発電と電池貯蔵研究開発(R&D)を支援する日本の気候変動債券の役割を調査しました。 これは、大規模な地上太陽光発電プロジェクトのための土地が不足している日本と非常に関連性が高いです。 日本のPV市場は過去8年間で4倍成長しており、主要国のうち土地面積当たりの太陽光発電比重が最も大きい。

READ  コロナ19拡散で日本のトップリーグラグビースタート遅延 - 主催者
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours