トップニュース

日本は37カ国の中で最も脆弱な人々に食糧支援のために1億1000万ドルを提供しています。

WFP

横浜 – 国連世界食糧計画は、アジア、中東、アフリカ37カ国の脆弱層への食糧支援と生計支援のために、日本政府が1億1000万ドルを寄付しました。

約2,060万ドルは、葛藤に苦しむイエメンの家族に命を救う支援を提供するために使用されます。 イエメンはほぼ5万人の飢饉のような状況に住んでおり、500万人が同じ切迫した状況で、少し離れた所に住んでいます。

アフガニスタンでは、1,290万ドルの割り当てがCOVID-19大流行の経済的影響に影響を受けた家族のためのWFPの対応をサポートします。

米1060万ドルの追加補助金で、WFPは、シリアの食料不安に直面している人々とトルコ、ヨルダンとレバノンの難民が居住しているホストコミュニティの脆弱人々のためのサポートを続けることができます。

アフリカでは、日本の資金の一部がWFPのコンゴ民主共和国とマリの緊急食糧支援と、ソマリアとエチオピアの生活とCOVID-19対応アプリケーションをサポートします。

WFP日本事務所のNaoe Yakiya理事は「私たちは、私たちの仕事を維持し、多くの脆弱な人々の生活を変えるために、重要な政府と日本国民の寛大な支援に感謝いたします。 「今日紛争、気候の影響とCOVID-19は、「飢餓伝染病」を起こしており、数百万人の人々が人道支援に依存している3400万人の人たちと一緒に飢饉の端に苦しんでいます。 この資金は、私たちが命を救う支援を提供し、我々は奉仕する人々の回復力を強化するために非常に重要です。」

長年にわたり、日本は一貫してWFPのトップドナーのいずれかであり、2016年から8億6600万ドルを寄付しました。

日本の1億1000万ドルの寄付で恩恵を受ける国はアフガニスタン、アンゴラ、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ民主共和国、エジプト、エストニアとティーニ、エチオピア、ガンビア、ギニアビサウ、イラン、イラクです。 、ヨルダン、ケニア、レバノン、リビア、マリ、モーリタニア、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、パレスチナ、コンゴ共和国、セネガル、シエラレオネ、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、チュニジア、トルコ、ウガンダ、イエメンとジンバブエ

/公開資料。 この資料は、元の組織で提供され明快さ、スタイル、長さのために編集された時点の特性があります。 一覧 ここ

READ  吹雪で日本で134台の車がたまります。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close