トップニュース

日本は8月に国の予防接種現場の全面運営を中断します。

日本政府は、日本のCOVID-19の予防接種の推進を妨げないものと判断して計画通り8月末に東京と大阪で国営大量の予防接種センターの本格的な運営を中断する予定だと、政府筋が金曜日た。

自衛隊が運営するセンターの閉鎖は、予防接種へのアクセスが拡大に応じて、職場や大学だけでなく、地方政府主導のキャンペーンでも接種が可能となりました。

人々は2021年6月17日、東京大手町のビジネス地区にある大量コロナウイルス予防接種センターに向かいます。 (教徒)

政府は、最初に東京センターの運営を拡大しようとしたが、日本の台風シーズンが近づくに応じて、潜在的な災害発生時救援活動に備えなければならない自衛隊に負担をかけないために立場を覆した。

政府はセンターでは、米国の製薬会社Moderna Inc.が開発したCOVID-19ワクチンの初期接種を受けたすべての人々がそこで第二の接種を受けることができるようにしたいので、8月末以降も、いくつかの動作を継続することができます。 と述べた。

5月24日にオープンし凧センターは、政府が他の先進国に比べてはるかに劣っ国の予防接種率を高めるために、一日に最大15,000個のジャブを提供しました。

国防部は、月曜日、現在、東京の中心が328,736足を提供したのに対し、大阪の中心は、16万1,341足を提供したと発表した。

READ  日本の女性ミレーニオルはCLMV(カンボジア/ラオス/ミャンマー/ベトナム)を旅行先としてどう思いますか? 6月21日、22日、韓日アセアンセンターで主催する旅行感性アンケート調査の結果に基づくウェビナー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close