トップニュース

日本はCOVID以降インフレを見ることができるとBOJ会委員が言いました。

2019年1月23日、日本の東京にある日本の銀行本部の前を通り過ぎる警備員。 REUTERS / Issei Kato / File Photo

コロナウイルス以来流行している世界は、日本企業が価格を引き上げて、中央銀行が2%のインフレ目標を達成するために助けることができる機会を提供することができると、日本の銀行理事安達誠司が水曜日に語った。

レストランやホテルでは、ウイルスの拡散を防ぐために継続して費用を負担する必要がありますが、消費者は、付加価値サービスについて、より多くの費用を支払う意思があることができるとAdachiは演説で言いました。

前市長経済学者であるAdachiは「これは企業と、より高品質のサービスについて、より多くの費用を請求することができる機会を提供することができます。」と言いました。

小売業者が、日本の過去のデフレ期間とは異なり、サービスの詳細については多くの費用を請求することができれば、 “流行以来、世界は2%のインフレ目標を達成することができる大きなチャンスを提供することができます。」と付け加えました。

BOJは現在、長期金利を0に制限しており、ものすごい2%のインフレ目標を達成するために、膨大な量の国債との資産を買い取ります。

また、昨年に金融機関を介して感染症にかかった企業に資金を提供するための一連の措置をとっている。

足立はBOJが経済の余裕をなくし、社会が値上げにより寛大になる環境を造成するために非常に緩いポリシーを維持する必要があると言いました。

彼はまた、BOJが現在、9月締切日以降に大流行救済プログラムを延長するかどうかを決定する際に、企業の資金の条件の変化を考慮する必要がありと言いました。

足立は、「(一部の企業)資金問題に直面する可能性を排除することはできない」と述べた。 彼は「私たちは、プログラム的に何をすべきかについての議論を深め、将来の企業の資金の発展を綿密に調査しなければならない」と付け加えた。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  政府が推進することにより、日本で浮上するオリンピック監視:NPR

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close