経済

日本はCOVID脅威が増加するにつれて、ファンレスオリンピックの幽霊に直面している

東京 – 今年の夏のオリンピック選手が空っぽの競技場で競争する可能性は今の日本が第三の緊急事態を延長して、予防接種にはほとんど進展を見せないので、これで明らかな可能性があります。

観客ないオリンピックは、日本が必死に避けたいシナリオだ。 まずチケット収入900億円(8億2400万ドル)が煙を出して、公益が急落してスポンサーを失望させるものである。 最終的な決定は、6月に予定されています。

このゲームは、最初に、合計1000万人を引き込むことが予想された。 しかし、今年3月、政府と主催者側は、外国の観客の出入りを拒否した。

それでも日本は予防措置をとって、日本のファンに桁を埋めることを希望していた。 去る2月、東京の組織委員会社長を務めた橋本聖子は観客なしで試合を開催することを期待していなかったと述べた。

その後、日本はコロナ19の4次波に当たってシュガー義久に首相が東京と他の地域の第三の緊急事態を宣言するように強制しました。 当初17日に予定さ緊急法令が月末まで延長されました。 専門家は、7月23日にオープン予定のゲームのための十分な医療専門家を確保することが難しいと思います。

医療スタッフの任務は、コロナウイルスの対応を超えることです。 彼らはオリンピック村と会場で病気負傷した選手たちだけでなく、熱中症にかかった観衆も役立つでしょう。

ピーク時には何人かの医療専門家が必要ですか? 東京組織委員会は、約300人の医師と400人の看護師に毎日数を推定します。 計画は観客1万人病院かをインストールすることです。

東京組織委員会は、医療機関や関連機関との交渉を通じて選手たちのための十分な医療スタッフを確保することが軌道に上がったました。 しかし観客のために十分な医療従事者を配置する可能性はほとんどありません。

ワクチン発売はオリンピックと同時に、行われる予定であり、これは、感染症はすぐに消える可能性が少ないことを意味します。 専門家は、観客に健康管理の専門家を割り当てることができる追加の能力がないと警告しました。

橋本は先週の記者会見で、「観客がない可能性に備えている」と述べた。 その場合、東京、中央政府は、税収の損失を補償する計画を立ててください。

橋本セイコー東京2020会場が4月28日、国際オリンピック委員会のトーマスバッハと一緒に記者会見を持っている。 (プールの写真)

スポンサーにファンがないオリンピックは、プロモーションの機会の喪失を意味します。 ゲームの経済的利益は限定的です。

現在最も良いシナリオは、観客が半分の収容人数に会場に入ることができるようにすることです。 東京と他の3つの県では、緊急時の宣言を使用して、プロスポーツなどの行事が火曜日まで観衆を禁止する。

その後、場所は最大5,000人を収容したり、50%の容量で動作することができます。

Jリーグサッカーの試合とプロ野球の試合は昨年の夏から観客を許可したが、このイベントで感染集団は表示されませんでした。

「私たちはホストすることができる科学的証拠を見ています。 [the Olympics] 専門家は言った。 50%の座席を確保することは、宝くじに依存せずに、すでにチケットを支払ったほとんどの人を収容することが予想される。

観客数が少なくとも危険は残っています。 例えばファンは群衆の中で場所を残したり、近くのレストランに集まることができます。 東京組織委員会は、ファンの行動指針を公開する計画だ。

別のオプションは、50%の上限はそのまま維持されますが、地方政府が地域の状況に応じて、会場に収容観客数を決定するようにすることです。 オリンピックは、緊急事態に直面しているところを含めて、東京と8つの県全域の42競技場で開催されます。

東京オリンピックを担当するマルカワタマヨ長官は「自治体は中央政府が定めた観客制限に基づいて決定を下すだろう」と述べた。 これは観客制限が地域によって異なる場合があることを示唆した。

READ  ビデオ会議を通じたEU-日本のサミット

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close