理科

日本はCOVID-19国境縁石を緩和し、主要パートナーを追跡

2020年10月13日、日本東京でコロナウイルス病(COVID-19)が発生する中で人気の観光地である浅草地区にある寺院で保護マスクを着用した着物を着た観光客が見えます。 REUTERS/Issei Kato/Files

東京、11月2日(ロイター) – 日本が火曜日COVID-19国境管理を徐々に緩和する計画を確認したが、主要貿易パートナーと一緒に開放するというビジネスロビーの要求には及ばなかった。

松野弘和官房長官は、日本が統制を緩和するために段階的に接近すると発表した。

緩和措置は来週月曜日に開始することができ、国境入国者数に対する毎日の限度は今月末に3,500人から5,000人に引き上げられると国営放送NHKが伝えた。

国内外のビジネスグループは、他の国と一致するように国境縁石を緩和するために政府にロビーしました。 米国と欧州連合は、COVID-19の予防接種を証明するほとんどの国で旅行者の入国を許可しています。

海外財界は隔離期間の短縮を歓迎したが、緩和は十分ではなかったと述べた。

大きな問題は、長期ビザが残っていることだと、日本の欧州ビジネス委員会会長のMichael Mroczek氏は述べています。

彼は「必須労働者を日本に連れて来ることができないことが、現在ヨーロッパ産業の最大の問題」と述べた。

駐日本米国商工会議所(ACCJ)アドバイザーのクリストファー・ラフラー(Christopher LaFleur)は「ファンデミックの被害から日本の経済回復を促進するためには緩和が必要だ」と話した。

続いて「ACCJは日本が公認された予防接種およびその他の海外で発行された健康文書を受け入れることを勧告する」と付け加えた。

日本が全国のほとんど地域で緊急措置を解除した先月14日、予防接種者に対する検疫期間を10日に短縮した。

しかし、他の国々が順調な旅行のためにワクチンパスポート制を導入し、日本は検疫体系に固守している。 あるCEOは、海外旅行後3回の隔離生活をした後、先週ロイターに語った。

東京大政治学教授のケネス・モリ・マッケルウェイン(Kenneth Mori McElwain)は、執権自民党が日曜日の選挙で執権を確保した後、国境管理を改革する余地があると考えられると述べた。

McElwainは、「来年の夏の参議院選挙における自民党の成功は、経済がどれだけ回復したかに大きく左右されるだろう」と述べた。

「国際旅行が経済に影響を与えたり崩れたりするわけではありませんが、大衆の感情を形成できる観察しやすい指標です。」

ワクチン接種が人口の70%以上を占め、COVID-19の症例が急激に減少しました。 東京の新しい感染者は、感染性デルタ変種によって導かれた8月の波動の間、毎日5,000人以上だったのに比べて月曜日に9人に減少しました。

慶應義塾大学の医師であり研究員である春香坂本は「大流行が頻繁になっている今、海外旅行の際、ワクチン検診とテストは感染を抑制するのに十分でなければならない」と話した。

彼女は「ワクチンを2回接種した人々は隔離されてはならない」と話した。 「厳しい国境管理は、日本のビジネスや留学生に深刻な負の影響を与えています」

アジア太平洋の他の地域では、オーストラリアとタイは月曜日に国境管理を18ヶ月で初めて大幅に緩和しました。

Rocky SwiftとKantaro Komiyaの報告。 キム・コギルとリチャード・プリンの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  キックスタート:科学界の女性の記念

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close