トップニュース

日本はIMFへの経済報告から石炭への言及を削除しました

日本政府は先月発表した従業員報告書で、国際通貨基金(IMF)が海外石炭プロジェクトに対する段階的支援の中断を約束した文章を削除するよう指示したと政府消息筋が伝えた。

石炭火力発電所の輸出を重視する経済産業省の要請で削除された。

2020年10月に撮影したファイル写真は、日本北東部の宮城県仙台市の石炭火力発電所を示しています。 (刑務所)

IMF関係者が日本公式訪問を終えて下した結論を詳細に盛り込んだ報告書は、国際金融機関と日本政府のオンライン議論の末、1月27日に公開された。

この文書には、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミック状況における日本の最近の経済発展と政策の分析と、今後の回復の見通しとリスクが含まれている。

刑務所通信が入手した初期の草案には、「低炭素経済への転換(Shifting to Low Carbon Economy)」というタイトルのセクションの下、日本政府が去る6月、G7首脳会議で到達した合意に従って、新たな資金調達を中断することを約束したというフレーズが含まれていた。 温室効果ガス排出量を削減するための措置のない石炭火力プロジェクトの場合。

草案は「日本政府が新たな石炭資金調達を中止することを約束したが、約束の例外を終了し、海外の石炭プロジェクト支援に対する既存の約束を段階的に廃止することは、気候政策に対するグローバルな努力にさらに貢献するだろう」と述べた.

しかし、実際に公開された文書には、石炭に対する支援の中断に対する言及はなかった。

ある政府消息筋は産業部が「昨年国際交渉ですでに多くの譲歩が行われている」と感じ、報告書で石炭への言及を望まないため、IMFに政府が要請した結果削除されたものだと話した。

ロイター通信は2月2日、IMF職員使命声明で「日本の高排出石炭プロジェクト資金調達を批判する文章」が削除されたと報じた。

松野博和官房長官は、翌日の記者会見で、政府は報告書がどのように準備されたかについてコメントする立場ではないと述べた。

IMFのゲイリーライスコミュニケーション局長も、刑務所通信に「私たちは文書草案流出についてコメントしない」とコメントを拒否した。

READ  日本ラグビーの新しいリーグ1は大きく考え、グローバルを目指しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close