日本はMercedes-AMG E63 S Final Edition 50台を受け取ります。

1 min read

世界中で999台に限定されたスペシャルエディションは、強力なスーパーセダンの最後の万歳です。

~によって タノス・パパス

2022年12月23日 11:33

    日本はMercedes-AMG E63 S Final Edition 50台を受け取ります。

〜によって タノス・パパス

それだけ Mercedes-AMG E63 S 4MATIC+ファイナルエディション 2021年5月に発表された白鳥の歌であり、現世代の究極の変種です。 Eクラス、999個限定生産。 今、自動車会社は日本へのクォータを発表し、最終版は50台だけ受け取ります。

興味深いことに、E63 S Final Editionの50台は左25モデルと右25モデルに均等に分かれています。 日本 ウーハンドル国家なので、このオプションはパフォーマンスセダンの収集性状態を優先し、デイリードライバーとして使うつもりのない日本オーナーのためのものだと推測される。 プレスリリースでは、スペシャルエディションがセダンとエステートの両方で提供されるかどうかは記載されていませんが、セダン専用の製品である可能性が高いです。

読む: 2024メルセデスEクラスプロトタイプの内部と外部の写真

    日本はMercedes-AMG E63 S Final Edition 50台を受け取ります。

E63 S Final Editionはスポーティなグラフィックと特別です AMGバッジ Cフィラーへ。 また、高光沢のブラックアクセントを追加し、20インチAMG鍛造アロイホイールを装着するAMGナイトパッケージも標準装備されています。 内部処理には、多くの炭素繊維、対照的な黄色の配管を備えたNappaレザーカバー、およびAMGパフォーマンスシートのステッチ、ナンバープレートが含まれます。

この世代の他のE63 Sと同様に、Final Editionは603hp(450kW / 612PS)と850Nm(627lb-ft)のトルクを生成するツインターボ4.0リットルV8で駆動されます。 完全に可変のリアバイアス4Matic +のおかげで、4つの車輪すべてに動力が伝達されます。 次世代E63にはプラグインハイブリッドパワートレインが装備される予定なので、4ドアセダンでバイターボV8を味わう最後の機会です。

Mercedes-AMG E63 S 4MATIC+ Final Editionの価格は日本で244億7000万円($183,955)です。 メルセデスはすでにE63スペシャルエディションの予約注文を受け付けており、配送は今日から始まります。

続行するには、広告のスクロール

READ  台風10号、九州が暴風域避難指示・勧告800万人(共同通信) - Yahoo! ニュース
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours