日本よりも成長機会が多い企業はほとんどない。

Estimated read time 1 min read

文化的には、日本企業は労働者の雇用を維持し、垂直に統合されたビジネスを開発することに焦点を当てました。

Rappは、「日本の大企業のトップレベルの長い見解は、収益性があまり重要ではないということでした」と述べています。 「彼らは規模が力と同じであり、販売、つまり絶対的な販売が目標でなければならないという考えに専念してきました。」

老化の問題

不振な企業部門の困難は、より広い日本経済を覗くことができる窓です。 日本の人口老齢化に伴い多くの問題が発生したが、白崎真琴と日本銀行総裁は最近、危険なフィードバックループを指摘した。

彼は、日本の研究所でのスピーチでは、高齢化が新技術を受け入れる社会的スピードに影響を与えるだけでなく、選挙における有権者の好みを通じて既存の政策を強化すると述べました。

白川氏は、人口減少によりイノベーターの人材プールが減ったと指摘し、「人口老齢化により地域間の必要な資源再分配が遅れることもある」と述べた。

高齢者がより多くの政府資源を確保するにつれて、家族がより多くの子供を持つことを奨励するために機関によって提供された楽観的なメッセージは消えます。

若い家族が妊娠と出産の間に病院費と医師の診療費を負担しなければならないという事実が分かると、子供を持つことを嫌がる心はさらに加重されます。 同時に、退職者に提供される医療補助金も年々増加しています。

企業と日本政府の関係は常に緊密でした。 現在、エリオット・マネジメントやオアシス・ファンド・マネジメントのような行動主義の株主が主張するように近すぎる。

企業は自分の利益を国家の利益と一致させることを義務付けており、これは1980年代の好況の間に国家に大きな利益をもたらしましたが、企業の世界の競争は遅れました。

重要な時間

政府が人口統計学的問題に苦労している間、企業支配構造に対する大胆な措置が切実に必要でした。

昨年3月31日、東京証券取引所は、すべての上場企業が資本コストに集中しなければならないと発表しました。 取締役会は、経営陣が成長領域に資源をよりよく割り当て、重要な能力に注意を集中するよう強制する必要があります。

取引所はまた、上場企業が指針を遵守または遵守しなかった場合に完全な説明を提供するように要求する「コンプライアンスまたは説明」アプローチをリリースしました。 さらに、より多くの外国人投資家を引き付けるために、結果を英語で公開する必要がありました。

すべての視線は大企業に集中し、大企業は低く走った果物を最初にキャッチし始めました。 三菱は自社株10%を自社株買取すると明らかにした。 トヨタは自社株を買い入れるのに1000億円(9億9400万ドル)を使った。 三井化学科保険グループT&Dホールディングスは年間配当金を引き上げると明らかにした。

JPモーガンによると、企業は昨年3月から12ヶ月間、史上最大規模の9兆3000億円規模の自社株買取計画を発表した。

予想通り株価は上昇した。 日本株式市場は、日経225指数が1989年の「泡経済」最高値を今年4万ポイント以上突破するなど反騰税を享受しました。

日本への突然の関心は部分的に去る4月に日本を訪問し、バークシャーでウェイが支援する取引所の株価を急騰させた米国投資家ウォーレン・バフェットの訪問のおかげでもありました。 バークシャー・ハサウェイは、伊藤忠、丸紅、三菱、三井、住友でそれぞれ約9%の持分を所有している。 彼は、企業の支配構造の変化が彼の投資に関する議論の一部であると述べた。

しかし、日本企業やグローバル投資家が熱狂する最大の変化は、一部の「非核事業」の売却です。 東京証券取引所は、企業に相互出資の維持の根拠を説明するよう要求し、一部の投資家は大規模な相互出資を保有する企業の取締役会に反対票を投じた。

日本鋼と日立が最大の動きを見せた。 前者は、鈴木自動車の全持分を含め、11社の持分を減らしました。 日立は、信越化学(Shin-Etsu Chemical)と素材メーカーのレゾナク・ホールディングス(Resonac Holdings)など9社の株式を売却した。

PlatinumのRappは、「これは非常に有望なことです」と言います。 しかし、実際に見守る必要があるのは、小規模企業が大企業の先例に沿って売却を開始することです。 そうすれば、企業環境は完全に逆転するでしょう。」

肯定的な撮影があるようです。 MSCI日本指数における相互出資対象企業の割合は、2019年の43%から昨年の36%に減少しました。 そして、特に資本コストと株価に焦点を当て、指数全体にわたって取締役を再編しました。

CSLAのSmithは、「象牙の塔の経済学者がそれがうまくいくと言うのは一つのことです」と言います。 「しかし、ここの株式市場ではそれが流れているのを見ていることをお伝えできます。」

READ  今週事業| エコノミスト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours