経済

日本を一周する重羅艦隊の脅威 – The Diplomat

10月末、日本海で合同訓練をしていた中・ロ海軍艦艇10隻が津軽海峡を抜けて太平洋に進出し、大須海峡を経て東シナ海に進入した。 伊豆諸島。 両海軍は過去に日本を一周したが、今回の合同巡航は初めてだった。 しかし、近年、中国とロシアの軍事協力が激化していることを考えると、これは驚くべき進歩ではなく、今後も繰り返される可能性があります。

冷戦が終息し、中国とソ連(以後ロシア)の間の敵対関係が緩和され、天安門事態以後西方の経済制裁に直面した中国は軍現代化のためロシア製武器を購入し始めた。 能力。 しかし中国がロシア製武器を模倣したこととロシア産原油価格をめぐり、結局紛争が起きた。 両国の軍事協力は2005年に頂点に達し、その後停滞しました。

その後数年間、ロシアは中国の軍事力の増強についてますます懸念するようになり、2008年に中国艦隊が初めて津軽海峡を通過したのはロシア軍に衝撃を与えたそうです。 2012年、中国とロシアは「合同海」という海軍訓練を年次開始しました。 一部の観察者は、ロシア人が中国人に自分の優位性を見せたいと思っています。

しかし、2014年のロシアのクリーム半島の併合により国際的に孤立した一方、中国はアメリカの包囲網についてますます懸念するようになりました。 これにより両側の軍事協力が本格化した。 連合海上訓練は両国海軍が水上戦、防空、対潜戦、上陸戦、捜索構造など分野で力量を強化する場となった。 両国はクリミア半島併合以後地中海で、フィリピンとの仲裁手続きを経て南シナ海で訓練を進めることにした。

最近では中国とロシアが日本を中心に合同作戦を繰り広げている。 このような最初の事例は2016年6月、ロシアと中国海軍艦艇が尖閣列島隣接水域に同時に進入し、確認された。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

その後、2017年8月、ロシア航空機が日本海から対馬海峡を通じて東シナ海に進入し、日本一周を東方向に飛行した翌日、中国航空機が紀伊半島沖合いと同様の経路を飛行した。 両国が彼らの飛行を調整していた可能性を示唆しています。

また、2018年2月には両国軍用機がランデブーのように東海上空を飛行した。 その後、2019年7月と2020年12月に中国とロシアは戦略爆撃機が日本海から東シナ海に「合同飛行」を行ったと公式発表しました。

2013年ウラジオストク沖で合同海上訓練以後、ロシア艦艇16隻に続き、中国艦艇5隻がソヤ海峡を通過してオホーツク海に進入した。 当時、中国とロシアは共に海峡を通過せず、ロシア船の数が中国より多かった。

しかし、2021年10月の場合、5隻の船が津軽海峡と大住海峡を一緒に通過し、両国は公式にこれを「共同パトロール」に指定した。 中国とロシアの爆撃機の「共同飛行」が何度も行われた点を考慮すると、これらの海軍の「共同巡察」は一度だけであると想像することは難しい。

近年、米海軍は台湾海峡通過回数を増やし、イギリス、フランス、カナダなど域外国々も台湾海峡を通過し始めた。 また、英国空母打撃団の極東展開と噛み合い、西太平洋で頻繁な大規模な海上訓練が行われている。

イギリス船舶は西太平洋に来る前にクリミア半島沖で自由航行機動を行ったことがあり、ロシアも西欧諸国の海軍間の協力深化について懸念していると伝えられた。 また、新しいAUKUS安全保障フレームワークの下で、核潜水艦などの軍事技術に対するイギリス、アメリカ、オーストラリア間の深刻な協力に対する牽制を意味した可能性もあります。

中国とロシアの海軍が今後も日本海峡の航路を強化するなら、日本はどのように対応すべきか? 短い答えは、日本が国際法に違反しない限り何もしてはいけないということです。

対馬海峡、津軽海峡、宗谷海峡、大住海峡は日本の法律による「海域指定」です。 これに伴い、国連海洋法協約で許容する12海里の領海を宣言する代わりに、海域を3海里に制限している。 この時、重羅艦隊は公海の自由を行使しているだけだった。

しかし日本はこのような慣行を監視しなければならず、実際に自衛隊はこれを効果的に遂行していました。 日本が平時には「監視」し、緊急時には「封鎖」する能力さえあれば問題はない。

一部ではこれらの特定海域をすべて領海と宣言しなければならないと主張するが、そうなったらこれらの海峡は「国際航行溶解海峡」と指定され、狭い公海域が消え、外国の潜水艦が海峡のすべての部分に浸る。 これは、平時監視をより困難にします。

この記事が好きですか? フルアクセスを購読するにはここをクリックしてください。 1ヶ月に5ドルを支払うだけです。

「指定海峡」は、米国とソ連の核兵器搭載船舶が3大非核原則(すなわち、「核兵器を領海に持ち込めない」)の違反を避けるために設定された可能性が高い。 冷戦時代に海峡を通過しました。 今日でも、国際航行の自由を促進するために公海を海峡の一部として維持することが合理的です。 この場合、中国とロシアの艦隊の自由な航行を許可する必要があります。

しかし、中国とロシアが周辺で航行の自由を行使できるなら、日本も中国とロシアを取り巻く海域で航行権を行使しなければならない。 中国とロシアが日本海峡を通過できるならば、日本海上自衛隊はより広い台湾海峡通過を躊躇する理由がない。 また、ロシアはウラジオストク沖のピッタル湾(Peter Great Bay)を内海とみなし、外国船の航行を制限しているが、これは国際法上の根拠として認められていない。 海上自衛隊は湾で航行権を行使しなければならない。

海上国である日本への航海の自由は重要な関心事です。 日本は、中国とロシアが自国の水域で外国軍艦の航行権を妨げると同時に、他の国の水域で航行の自由を享受する二重帯を維持することを許してはならない。 日本は、これを拒否し、海の自由を保護するために、米国およびその他の海洋国と協力する必要があります。

READ  TelanganaのToshiba施設がある - インドの製造研究所で認証

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close