トップニュース

日本を守るためのGSDF訓練の運送会社は、実際の危機に焦ります。

日本空襲のような軍事的危機を模擬した訓練で陸上自衛隊を支援する運送業者は、実際の緊急状況でそうすることが不安であると言う。

訓練に参加したある客船会社は「軍事的に提案された物流業務を受け入れただけ」とし「軍事的緊急状況で私たちがどれだけできるか分からない」と話した。

陸上自衛隊は去る9月から国防部から輸送業務を委託された米軍および民間企業とともに最大規模の輸送中心訓練を進めている。

この訓練は、輸送問題を特定し、民間企業との協力を強化することを目的としています。

GSDFの人材と物品を孤島に迅速に輸送する能力を強化し、中国の積極的な海上移動に対する防御を強化する必要があります。

約120,000人の陸上自衛隊要員、約3,900台の車両、800台のコンテナ貨物が11月末まで続く訓練から九州全域の6つの訓練場に輸送されました。 すべてのGSDF師団は訓練の一環として参加しています。

訓練はGSDFが今後の軍事緊急事態に備えなければならないと仮定するが、港湾労働者を代表する日本の港湾労働者労組連盟(National Federation of Dockworkers Union of Japan)は、フェリー会社の懸念を反映しました。

「平時は(GSDF)と協力することを気にしませんが、私たちが知らない間に軍事的緊急事態でもっと助けることができれば、受け入れることはできません。 私たちは彼らの次の歩みを見たい」と連盟は言った。

14のフェリー会社と1つの航空会社を含む16の民間企業がトレーニングでGSDFをサポートしました。 エルイージングロジスティクス会社である日本エクスプレス社は、他社の間で日本 Freight Railway Co.にいくつかの作業を依頼しました。

日本が武力攻撃に対処する方法に関する法律は、「指定公共機関」に指定された地方自治体と民間企業が政府と共に必要な業務を遂行する責任を負うように規定している。

また、大衆が必要な協力に努めると規定しています。 10以上の指定公共機関がGSDFトレーニングに参加しました。

海上自衛隊と民間人職員は訓練期間中、現在まで日本全域の約30の港で物品を積み下ろした。

10月に自衛隊は大分県のメディアにどのように 日本特急トラックがGSDF訓練場に到着し、GSDF隊員が物品を確認して降りる方法。

また、民間企業が運営する旅客船が利用する乗り場で自衛隊タンクが鉄道に乗って降りて港に降りる姿を込めた映像も公開した。 映像には民間企業の職員も登場した。

防衛軍の高位関係者は「人ごとに様々な見解があるだろうが、自衛隊だけでは国を守ることができないのが事実だ。 今回の訓練を通じて民間人も軍事的に協力できるきっかけになることを願う」と話した。 緊急」

READ  カワイイ、それ破壊しなさい:日本の最新ファッションはフリル以上です。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close