経済

日本を捕らえるマルクス主義、脱資本主義、緑宣言文

この物語はもともと 守護者 の一部としてここに表示されます。 気候デスク 協同。

マルクス主義と環境に関する本が驚くべきベストセラーになった日本の学者によると、世界が資本主義に「緊急ブレーキ」を適用し、「新しいライフスタイル」を考案しない限り、気候危機は制御不能になります。

東京大学の副教授である小平斎藤のメッセージは簡単です。 資本主義の無限の利益要求は地球を破壊しており、「成長を変える」だけが社会的生産を遅らせ、富を共有することによって損害を回復することができます。

実用上、ファーストファッションのような無駄な商品の大量生産と大量消費の終息を意味する。 〜の中 人類税の首都Saitoはまた、労働時間の短縮による脱炭素化を支援し、介護などの不可欠な「労働集約的」作業を優先します。

「私も他人のように驚いた」

気候危機に対する斉藤の日本語解が左派学界と政治外で大きな訴え力を持つと予想した人はほとんどいないだろう。 その代わり、カール・マルクスの著書の著書に触発されたこの本は、2020年9月に出版されてから50万部以上売れ、予想外のヒット作となりました。

世界がパキスタンの洪水からイギリスの猛暑まで広がるインフレとエネルギー危機に至るまで、気候変動の影響のより多くの証拠に直面するにつれて、より持続可能で脱資本主義的な世界への斉藤のビジョンは出版される学術テキストに表示されます。 来年、ケンブリッジ大学出版部で彼のベストセラーを英語に翻訳する予定です。

斉藤はインタビューで「気候危機とこれに対して私たちがしなければならないことについて広範囲に世界で起きていること」と話した。 守護者。 「私は脱成長と資本主義を超えて擁護しています。」

「脱成長」という言葉だけが聞こえても、経済萎縮と生活水準の低下という暗黒期に陥った豊かな社会に対する否定的なイメージが浮かび上がります。 斉藤はマルクス主義のストランドを現代の兵廃に対する解決策として提示した本が70年間、同じ保守政党が政治を最もよく支配してきた日本で厳しい販売になると考えたことを認めた。

「新しい生活様式」:#日本を魅了するマルクス主義、脱資本主義、緑の宣言。 #気候変動#気候危機#マルクス主義#資本主義

「人々は私が過去に戻りたいと非難する。 [feudal] 江戸時代 [1603-1868] …そして、イギリスとアメリカでも同じ種類のイメージが続くと思います。」と彼は言いました。 「そんな背景に比べて本が50万部以上売れたのは驚くべきことです。 他の人のように私も驚きました。」

35歳のこの人は、急進的な変化の言語を使用することを心配する必要はありません。 世界がファンデミックから外れ、地球温暖化による実存的な脅威に直面するにつれて、現在の経済状況に対する幻滅は彼に受容的な観客を与えました。

大流行は先進国と南半球と北半球の間の不平等を拡大し、この本は若い日本人たちの神経を急落させた。

「斎藤はわかりやすい話をしています」と31歳の研究者であるJun Shiotaが言いました。 人類税の首都 出版されたばかりではない。 「彼は資本主義に良い点と悪い点があるか、資本主義を改革することが可能だとは言いません。 彼はただ私たちがシステム全体を取り除かなければならないと言いました。

「青少年たちはファンデミックで大きな被害を受け、環境破壊や生活費危機など大きな問題に直面しており、単純なメッセージが共感していきます。」

斉藤は、不平等が深まるにつれて、彼の文章がより即座であることに同意します。 「日本でも多くの人が職場や家を失い、フードバンクに頼っています。 衝撃的だと思います。 そして、低賃金職場で長時間働かなければならない必須労働者がいます。 必須人材の疎外が深刻な問題となっている」と話した。

COVID-19への対応は、急激な変化が望ましいだけでなく可能であることを示したと彼は言います。

「ファンデミックの間に私たちが学んだことの1つは、私たちが一晩の生活様式を劇的に変えることができることです。 私たちが家で働き始めた方法、より少ないものを買う方法、飛行機に乗って少ない食べ方を見てください。 私たちは、あまり働かない方が環境に馴染みがあり、人々により良い生活を提供することを証明しました。 しかし今、資本主義は私たちを「普通の」生活様式に戻そうとしています。」

「マルクスは持続可能性に興味がありました」

Saitoは、気候緊急事態に対処するために広く受け入れられているいくつかの戦略について非常に懐疑的です。 「私の本では、私は持続可能な開発目標を説明することで文を始めます。 [SDGs] 大衆の新しいアヘン」と彼は宗教に対するマルクスの見解に言及して言った。

「経済システムを変えずにエコバッグとボトルを買うこと…」

斉藤は「マルクスが持続可能性に関心を持っている方法と、非資本主義社会と電子本主義社会が固定経済を実現しているため、持続可能な方式を発見した」と話した。

この本が出てきて以来、斉藤は日本がドイツの哲学者の考えについて著しくあまり焦らないようにした。

保守的な公共放送であるNHKは彼に25分の4つの断片を与え、彼の考えを説明しました。 100分の傑作 書店チェーンは復興主義マルクス主義文学の特別展示のためのスペースを確保しました。

今彼は彼のメッセージが英語の読者にアピールすることを願っています。

「私たちは、感染症、貧困、気候変動、ウクライナの戦争、インフレなど、非常に困難な状況に直面しています。 根本的に変化することなく経済を成長させると同時に、持続可能な方法で生きることができる未来は想像できません。 私たちの生活様式に関するすべて。

「30年間で経済政策が失敗した場合、なぜ新しい生活様式を発明しないのですか? 突然そこへの欲求が生まれます。」

READ  韓国経済、日本のようになる危機

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close