エンターテインメント

日本を経由コロナ19が拡散され、ゴールデンウィークは楽しいありません。

東京 – 日本の航空会社、レジャー企業や小売業者は、政府がコロナウイルスの急速な普及により、多くの県での緊急状況を再調整した後、今年再び暗いゴールデンウィークに直面しています。

航空会社は、5月5日までの一週間のフライト予約がCOVID-19が最初に発生した昨年の同じ期間に比べて改善されたが、2019年には、まだ大幅に減少したと発表した。

全日本空輸親会社であるANAホールディングスは4月23日現在、国内線の予約が1年前より4.4倍増加した44万4493件を記録したと発表した。 しかし、この数値は、2019年よりも58.8%低くなります。 国際線の予約は前年比6.6%増の8,634件であるが、2019年にはまだ95.8%減少しました。

競合他社の日本航空も国内線の予約が昨年より3.5倍増加した326,873件を記録し、海外旅行予約の件は6.5倍増加した11,986件を記録した。 しかし、予約は2019年の水準に近くでした。

ANAは声明で「新型コロナウイルスの再発感染と政府の予防措置により大きな影響を受けた」と明らかにした。

菅義偉首相は金曜日、東京、大阪、京都、兵庫の新しい非常事態を宣言しました。 レストラン、パブ、企業は5月11日まで、お酒を提供していないことを頼まれた。 お酒を提供していないレストランでは、午後8時までに終了するように頼まれた。 政府はまた、この期間中に、人々に旅行を自制するよう要請している。

列車オペレータも新しいCOVID制限を受けました。 在来線を含めた日本の新幹線の総指定席数は前年より4月28日から5月5日の期間中に2.4倍増加した71万個を記録したが、この数値は、まだ2019年に比べて81%減少した6つの日本の鉄道のグループです。 企業は、今月に語った。

これは、1995年に記録が始まって以来、二番目に最悪の数値です。 鉄道事業者は、予約可能な座席数を2020年より3%削減しました。

シュガーはレストランやナイトライフの制限に加えて、多くの人波が集まることができる施設である百貨店とテーマパークも閉鎖することを促した。

彼は「短期間に効果的な対応策を集中して、ウイルスの拡散を抑制する必要がある」と述べた。

Isetan Mitsukoshi Holdingsは東京の中心部にある4つのデパートの大部分を閉鎖が食料品や化粧品はそのままにします。 J. Front Retailingは、大阪の大丸心斎橋支店を含む9つのデパートで同じ処理を実行しています。

ゴールデンウィークは、一般的にテーマパーク運営者に最も忙しい季節の一つであるが、今年サンリオエンターテイメントは4月25日から5月11日まで、東京のサンリオピューロランドを閉鎖します。

しかし、オリエンタルランドは、東京ディズニーリゾートを続け運営が4月28日から5月11日までの酒類の販売を中止する予定です。 4月20日から5月11日まで、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、午後8時にドアを閉め、各公園の訪問者数を制限します。 5,000未満に減少します。

Toho Cinemasは緊急事態が発生した場合、東京、大阪、京都、兵庫県にある21個の劇場を閉鎖します。

READ  「鬼滅の日」100億突破映画史に新たな章 - シネマ:日刊スポーツ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close