日本を訪れる際に試すべき21の路上料理

Estimated read time 0 min read

一つ目は大阪名物のたこ焼きです。 日本語でタコスは「タコ」を意味し、焼きは「揚げるか焼くこと」を意味します。 この小さなタコの天ぷらの初期バージョンは実際には平らであり、この料理は1935年大阪露店上遠藤淳吉が発明したそうです。 それ以来、たこ焼きは進化しており、現在は通常、ボール状の揚げ物として提供されています。

みじん切りのタコ、ネギ、生姜を詰めたたこ焼きに軽くてカリカリの生地をかけて揚げます。 一般的には、海藻、スライスした干しかつお、たこ焼きソース、ウスターシャーソースで作られた和風ソース、メンツ油(日本麺スープベース)、ケチャップ、砂糖が付属しています。 サービングする前に、しばしばマヨネーズを振りかけます。

新鮮なたこ焼きは、多くのコンビで販売されている冷凍版のような味ではありません。 次の日本旅行で絶対に逃してはいけないおいしい食べ物です!

READ  すべてのKioxia-Western Digital取引は、日本、アメリカで同等のハブを確保する必要があります - シニア議員
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours