トップニュース

日本を訪問するすべての旅行者が知っておくべき日本のマナーと習慣

習慣やマナーは日本文化に非常に重要であるため、多くの旅行ウェブサイトのトピックについてのセクションがあります。

日本は現在、外国人旅行者に閉鎖されているが、7月末に予定されて東京夏季五輪が始まる前に、安全に再開章する方法を模索しています。 観光客は、日本の複雑な社会的ルールをすべて理解と期待されていませんが、最も一般的に犯す偽パスを避けることができます。

以下は、日本政府傘下観光機関のアドバイスをもとに、すべきことと避けるべきことのためのガイドです。

芸者を触れないでください

これは、京都の マナーアキマヘン、日本の文化首都を旅行する人のための18のヒント、推奨事項、および警告のリストです。

「akimahen “(地域の方言で「しないこと」を意味する)のリストは、自動的にタクシーのドアのヒント(「ドアがぶつからずに開かれることができるように十分離れている必要があります」)でごみ処理に至るまでさまざまです。 30,000円($ 280)の罰金が課されることがあります。

絵文字の評価は、各違反の重大性を示します。 日本全域で眉をひそめるのヒントは、現地の方言(「沖ニ」)に感謝言葉より悲しい顔一つを与える。 酒に酔った状態で自転車に乗る最大5年の懲役刑はもちろん、最悪の評価である三人の怒りの顔を取得します。

スライドを期待するが列車について話をしない。

旅行者は、混雑した電車を押し押すことを期待する必要があります。 東京に移動、東京観光コンベンション協会の旅行ガイドサイトです。

「しかし、これは積極的な行動ではなく、大都市での日常生活の産物であるということを覚えておいてください。」とのウェブサイトは言います。

日本人は特に混雑したときに電車の中ではほとんど話すか、または食事をしていません。

木村順子| ゲッティイメージズニュース| ゲッティイメージズ

動画 人々を日本の列車に乗せる白い手袋をはめた列車乗務員の数が数年の間に旅行者を魅了しました。 また、日本の公共交通機関の主要なルールの一つである携帯電話で通話していないことを容易に理解することができます。 実際には、旅行者は、彼らが鳴らないようにすることをお勧め。

Go Tokyoのウェブサイトは、「携帯電話を持ち歩くマナーモードに維持します。」と言います。

「公共の場でのエチケットは、日本で深刻なビジネスです。」 旅行ウェブサイト 政府傘下の日本政府観光局(JNTO)のために。 「これらのルールに対する大衆の尊重は、おそらく東京のような巨大都市がそうスムーズに動作することができる主な理由である。」

手で寿司を食べる

社寺

一人にスポットは他の人に崇拝する神聖な場所です。 KCTAウェブサイトによると、旅行者は、「祠堂や寺院で、静かで敬意が必要」です。

京都観光協会はまた、訪問者が礼拝堂で帽子とサングラスをはずすことを要求します。

ツアー会社の創設者宮本ダイ 東京ローカリゼーション、彼は “ベンチでもなく避難所でもない所」でも「神社とお寺のどこにでも座って”観光客をよく見ると語った。 彼はまた、観光客が仏像と写真が禁止された場所で写真を撮るのを見る。

Go Tokyoは神社につながる通路の側面を歩きながら神社で「完全な文化体験」を経験することを推奨します。 中心が「神のために技術的に保護された場所」であるからです。

複合の入り口で旅行者は本堂にアクセスする前に、「浄化水」で手と口をすすぐことができます。 ウェブサイトによると、彼らは「軽くお辞儀をして、種を鳴らし、小さな金銭を箱に入れて、二回お辞儀をして、二回拍手を打って、もう一度節をして意識を終えることができている」と伝えた。

旅館のルール

KCTAは ガイドラインのリスト 旅館のゲストのため(提供された)スリッパに着替えることを含んでいます。 ラゲッジホイールは、内部の床に触れません。 そしてバッグは花と巻物が展示された壁の棚やトコ野間に保管できません。

食事は、多くの場合部屋で提供され、訪問者は、浴衣と呼ばれるカジュアルな着物に着替えて食事をします。 夕食後には、プレートを片付け布団スタイルのマットレスを床に敷いて睡眠をとります。

温泉のエチケット

政府によると、 ガイド、入浴する人は入る前に洗い水泳、ジャンプや水に飛び込むやめましょう。 髪とタオルの水に触れないようにします。

入れ墨のある人は、入れ墨が日本の「ヤクザ(yakuza)」または組織犯罪団体と関連しているので、より伝統的な温泉に入ることが拒否されることができると宮本は言った。 彼は若い世代と外国人旅行者の間でタトゥーの人気のために減少していると彼は言った。

観光やショッピング

READ  激戦州の状況(韓国時間7日午後5時現在) - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close